人気ブログランキング |
2010年 07月 08日
MARINのBB交換 ~長く使う為に~2
あれから随分経ってしまった。
その後、BBが来て、注文した工具も来た。
そしてその後は。。。



これが注文していたクランク抜き工具
左の六角ボルトを回していくと、、、
f0009086_22305938.jpg



このようになる。これは左右を反対にして撮ったもの。
どんどんと芯の部分が突き出てくる。これでクランクを押し出して抜くのだ
f0009086_22323727.jpg




早速、実際に工具を装着してみる事にする。
前回の写真にあるように外側のメスネジ部分にクランク抜きがはまる。
f0009086_22342072.jpg



更にがっちりと食い込ませるためにナットを締めるが、この必要は無いと思う。
手締めで十分ネジは入っていた。
f0009086_22353080.jpg



今度は頭の部分の六角ボルト(15Φ)をラチェットで回してクランクを外す。
これは左右とも時計回りに締めこんでいけば外れる。
f0009086_22365493.jpg



クランクがペダルごと外れた後。この回転軸の部分がBBになる。
f0009086_22383654.jpg




BB部のアップ。内側にギアの溝のようなものがある。
これに専用の工具を噛みあわせてBBを外す。
ちなみに茶色いのはサビじゃありません。元からの色なのであしからず。
f0009086_22404549.jpg



これが専用の工具。ギザギザ部分にはめて、スパナで回せる。
それにしてもスパナが34とかって現実的じゃないサイズは考えたほうがいいよ。
シマノさん。
f0009086_22415170.jpg



文句を言っても仕方が無いのでスパナで一気に外す。
左側は反時計回りで外れるが、右側(ギアがついている方)は
時計回りで外れる逆ネジなので注意が必要。
解りやすく言えば、ペダルを漕ぐ方向に左右とも回すと外れるのだ。
f0009086_22441250.jpg



外れたのは通称「左ワン」と呼ばれるカップ状のリング。
左側はこれだけで本体を支えているような部品のみ。
重ねている黒い部分が専用のBB外し工具。それにしても34の六角は
大きすぎるよ。シマノさん。
f0009086_22462644.jpg




同じ要領で逆ネジの右側も外す。
同じ要領でも外れてくるものは、BB本体なのでリングだけの
左側とは外れてくるものの大きさが違うので注意。
指で持っているのは最初に外した左ワン。
f0009086_2248471.jpg



外れたBBと今回交換する新しいBB、「シマノBB UN-54」2000円くらい。
f0009086_22505168.jpg


で、外したのと逆の要領で交換は終了。
ところが、このBB、シェル幅と言って、ケースの幅が73mmと68mmの2通りが
あるのだが、私の自転車の物は外して計ると71mmくらい。
そこで近い数字の73mmを付けようとしたが、これが大きすぎて
出っ張ってしまった。そうなるとギアも外側に出てしまう関係で
もうギアがうまくチェンジしなくなってしまった上に、音も改善していなかった。
外したBBも手で回しても非常にスムーズで問題なさげなので
元に戻したが、無理矢理入れた長さの間違ったBBに合わせて
ギアの稼動幅を調整してしまった為、また元通りにする調整が難航。
やっと最近元に戻りって来た。

BB交換、ペダル交換で直らなかった左ペダル付近の「カリッ」音、
こうなるとクランク交換で直らなければ、フレームを疑うしか無い。
そこで、最後の望みをかけてクランクを交換する事になった。(泣)

by seawolf_squall | 2010-07-08 22:27 | 自転車関連


<< MARINのBB交換 ~長く使...      MARINのBB交換 ~長く使... >>