2015年 02月 26日
これは冒険という名の仕事。。。
こん○○は。
シャチです。

今回は久しぶりに短期ですが出張に行ってきました。
場所は御蔵島という伊豆諸島の島のひとつ。
出張の内容は某キャリアのアンテナ関連のリプレイス作業でした。
が、これがサバイバルか、「水曜どうでしょう」のサイコロの旅か?
という位の私も初めての事が多い旅になりました。


まず、出張の仕事の依頼が来たのは、それまで苦労して長期で入っていた、
都庁の仕事が一段落つきそうになったから。日程は2/23-2/25の三日間でした。
前日が日曜でしたし、準備がゆっくりできるのと予算がある現場っぽかったので
OKし、半分は旅行気分でした。



御蔵島は既に桜が満開でした。
f0009086_2212093.jpg


当日は朝6:30に羽田空港に集合。ところがここからがサバイバルの始まりでした。
まず、この日関東地方は南風の強風が入り、「春一番」が吹いたのです。
おかげで空も海も大荒れ。飛行機は欠航になりました。
私達は羽田から空路で八丈島へ。そこからヘリで御蔵島の贅沢な旅の予定でしたが、
まずは羽田からの便が欠航になってしまいました。
同行する私達の上の工事管理会社の方が、キャリア会社や自分の会社とひっきりなしに
連絡を取り、情報の収集をしていましたが見通しは暗く、目処が立ちません。
調布飛行場からなら三宅島までは飛ぶかもしれないという曖昧な情報だけを頼りに
羽田から調布に車で移動を決めたのが9:30頃。とりあえず調布飛行場に向かいます。
https://www.youtube.com/watch?v=wBV1X_mmWMc&feature=youtu.be


調布飛行場では「天候調査中」という表示のまま、私達が仮予約した前の便は表示されています。
どうなるのか、私達のモチベーションも徐々に下がってしまいます。
既に予定時間をかなり過ぎての到着になるのは目に見えていますし、一日延長になると他の現場が
入っている関係上、迷惑がかかります。それなら「リスケ(リ・スケジュールの略)」になった方が
良いと思い始めてました。
管理会社の同行する方が色々と連絡を取り、三宅島からのルートをキャリア会社と共に探していましたが、
漁船すら行かないという時化の状況らしく、とりあえず三宅まで行って誠意は見せてリスケの
パターンという感じが濃厚になってきました。

それまで黙ってましたが、私の知人に三宅島出身の方がいます。
あまりお願いして迷惑をかけたくないので黙ってましたが、一応申し出てみました。
管理会社の方が「お願いします」という事になり、知人に電話をする事に。
結果、知人の幼馴染みに電話が行き、知り合いの漁船に頼み、それでも時化で無理な場合、
その幼馴染みの方の旅館に泊まれる事になり、三宅で路頭に迷うこともなくなりました。
これにはキャリア会社も管理会社も驚いていました。
自分たちがやってもまったく手立てが無かった訳ですから。
これが後程、新たなサバイバルを生む結果になるのですが。。。

私達は三宅に無事飛行機で到着し、その後知人の幼馴染みのコーディネートで
漁船まで車で送ってもらい、無事漁船に乗り込みました。
漁船の船長から「外に居ないで。船室に入ってて」と言われます。
その意味もすぐに分かりました。
どの漁師も行きたがらない時化の中、出港する訳ですから、
それはハンパじゃない揺れです。周囲を見渡すとまるで水でできた山に囲まれたような状況。
物凄い揺れに船室に居なければ揺れで放り出されてしまうかもしれません。
五人のうち、酔い止めを面倒くさがって飲まなかった一人だけが10分でダウン。
およそ50分の行程でしたが皆、船酔いと戦い、生きた心地のしない揺れと戦ったまま
御蔵島に着いた時には疲労困ぱい。ダウンした一人はフルリバースだったと言ってました。


出港して数分は良かったのだが。。。
https://www.youtube.com/watch?v=Pqlid8p8V0c&feature=youtu.be

すぐに誰も喋らなくなり、見えない何かと戦っていた。
https://www.youtube.com/watch?v=ODYsrdhyo3Q&feature=youtu.be




それでも16:30頃御蔵島に到着。だがここで受け取る筈の先に送っていた材料と工具の載った車の鍵がありません。
預かってもらっている村の職員が15:00で帰ったというのです。
これも散々電話をしまくった挙句、なんとか呼びつけて車の鍵を貰い、
私達はまずその日の宿の村営旅館に向かいます。
アンテナはこの村営旅館の屋上なので気楽に考えていました。

村営旅館に着くと、なんとキャリア会社からキャンセルの電話が入っていたので
部屋は一部屋空いているが、夕食の用意ができないと言うのです。
キャリア会社も管理会社も今日のうちに御蔵に行くことは無理だろうという予想を裏切った
私達の努力とコネが却って災いになったのです。
食堂も2件はやっている筈だと教えてもらいましたが、どちらも休業。
どこでも食べる事が出来ず、商店を教えてもらい、そこで買ったサトウのご飯とカップ麺、
冷凍のギョーザを頼み込んでその商店で焼いてもらい、何とか飢える事なく晩飯を終えました。
晩飯の前に材料を屋上まで外階段で手上げしました。
70Kg近い土台の鋼材や機械本体などを真っ暗な中荷上げして晩飯は20:30頃。
それでも当初の予定からは大分遅れています。

翌日は朝7:30頃から作業を始めざるをえませんでした。
朝ご飯は宿の方で食べることができました。
キャリアの電波を作る機械の更新なので切り替えるときには電波を止める
「停波」という時間帯が生じます。これが2時間以内で午前9:00~15:00の間の2時間と
決められているので、今日中に終わらせるには13:00までに切り替え準備を終える必要があります。
私達は仕事を手早く済ますことに集中していました。
10:00休憩の時に再びサバイバルの状況にいることに気付くのです。
昼飯のアテがありません。今日も島中の食堂はやっていません。
昨夜の事があったので、またしても昨夜お世話になった商店に頼み込み、
お弁当を作ってもらいました。
私達が切り替えまで無事終わり、昼を食べたのは14:30頃。食堂はやっていたとしても閉まっている時間でしょう。
少し学習しましたね。
その後、切り替え後でも出来る残工事をやり、終わったのが18:00頃。
今日は別の宿です。
その宿に行くと、それは今まで散々お世話になっていたあの商店が経営している旅館だったのです。
ここなら飯の心配はいりません。やっと緊張が溶けたところです。
旅館は1階に食堂と風呂が二つ。2階に4部屋とトイレが二つ。
2階の4部屋の真ん中は居間として使って煙草が吸える部屋だという事。
食堂の続き間に畳の部屋があり、囲炉裏がきってあります。
こちらも居間として使ってくださいという事で宿の方は後で食事の片付けに来ると言い残し
私達の貸しきり状態となりました。
食堂の冷蔵庫に入っているビールを好きに飲み、つまみを囲炉裏端で食いやっと楽しい夕餉になりました。


翌日は午前のちょっとした時間で観光も出来ました。
https://www.youtube.com/watch?v=69vN6mAs_nU&feature=youtu.be



翌日はまた私の知人の幼馴染みが頼んだ漁師の漁船で帰る事にしました。
キャリア会社がチャーターした漁船が忙しいから行けないような事を言い、
ゴネ出したからです。一昨日からすると随分と穏やかにはなったものの、帰りの漁船も揺れました。
でも行きの時の様に船室にこもる事もせず、外の空気を吸いながらだったのと、
全員が酔い止めを飲んでいたので気分の悪くなる者はいませんでした。

https://www.youtube.com/watch?v=v8sZYxfVMIo&feature=youtu.be


三宅島で遅い昼飯を食い、定刻どおりに飛行機に乗り無事に調布飛行場へ。
島の人間にも「あの時化でよく漁船で行ったね。あたしらだって行かないよ」と言われました。
知らないと言うことは時に良い結果も生むものです。(笑)
キャリアと管理会社には私達のチームの評価が急上昇となりました。
全員が無理だと思っていたものを予定通りに終わらせた事が大きかったのでしょう。
さっそく次回の神津島の依頼が来ました。
私は行くかどうかはまだ決めかねていますが。。。

大抵の漁師でさえ行かない時化の中の渡船。飛行場を渡り歩いて20名定員の小さなプロペラ機。
どれも冒険のような出張になりました。
これも日常では出来ない仕事だからこその面白い、貴重な体験でした。(^^;;
でもあまり遭遇したくない出来事ではありますね。(笑)
[PR]

# by seawolf_squall | 2015-02-26 22:42 | PHOTO日記
2015年 02月 19日
ロードバイク タイヤインプレッション ブリジストンR1X

こん○○は。シャチです。


ここ数日、体調がすぐれない。
またしても風邪をひいたようだ。
食欲が無く、腹の調子が悪い。
ここ数年はこのパターンの風邪をひくことが多くなっている。

今日は代休。
今朝も腹の具合が悪くなって朝方5:00頃に目が覚める。
女房がパートに出ていってから、どうしようか悩む。
微熱も相変わらずで37度を少し超えるくらい。
ただ、外は昨日までと違って明るく暖かそうに見える。

タイヤを新しくしてからまだ一度も試していない。
ちなみにタイヤを替えてから既に2週間程経っている。
ぐずぐずしつつも着替えて走る用意をする。

f0009086_1481982.jpg


実は元々昨年末に手に入れたバイク(CANYON ULTIMATE CF SLX)にはマビックのキシリウムSLRという
軽量アルミクリンチャーのホイールが付いていた。
このマビックのホイールにはWTS(ホイール・タイヤ・システムだったかな?)
という概念があって、メーカーがベストな組み合わせだという
やはりマビックのタイヤ(イクシオンプロ25C)がセットになっていた。
が、これが僕の感覚にはどうしても合わなかった。
まるで水を張った田んぼの中を歩くかのように
柔らかく脚にまとわり付く重さがあった。
僕は実はそんなにスキルがあるほうでは無い。
なのでこれが僕の脚に合わないホイールのせいなのか、はたまたフレームのせいかも知れない。
原因が良く分からなければ、まずはコストのかからないところから変えてみる。
そこは自分の中での決まりごとの一つとしてどんな場面でもこのアルゴリズムを崩す事は無い。
とはいえ、少しヒントもあった事は確か。
何処かの雑誌でホイールをインプレッションしていたライターがこのホイールについてくる25Cタイヤは
レースレベルではない。と言っていたのを読んで、僕と同じ感想なのじゃないか?
という感触は持っていた。

f0009086_1495635.jpg


履かせたタイヤはブリジストンのR1Xの23C
昨年末にモデルチェンジをしたタイヤで興味があった。
興味の元は世界に誇る国内メーカーのブリジストン製な事。
(製造は国産ではないだろうけど)
このタイヤメーカーがロードバイクのタイヤの為に
今後本気で開発を行ったら。。。
その開発力に期待をして、まずは手始めにこのタイヤを使ってみたかった。
タイヤの情報を数値で表すと、重量は180g、耐パンク性能もあり、
比較的高圧にも入れられる(130PSIまで)
ちなみに推奨は65Kgの体重で750-800KPAと箱には書いてあった。
ブリジストンはこの他にグリップ力を重視した、R1Gと
超軽量な145gのヒルクライムに特化したタイヤ、R1Sの三種類がある。
ちなみにR1Xは総合力で優れているバランスの良いタイヤという事らしい。

f0009086_14104587.jpg


タイヤを履かせるホイールはいつものマビックキシリウムSLR。
バイクは(これもいつもの)CANYON ULTIMATE CF SLXだ。
エアボリュームはいつもと同じ位の7.2bar
ちなみに僕の体重は67Kgを少し下回る位。

バイクを押してマンションから出る。
身体が若干重く感じるのは仕方が無い。
ガーミンをセットして走り出す。
数十メートルも走ると口元がにやけて止まらなくなる。
「これだよ!コレ!」
そんな気持ちが胸の中で膨らんでくる。
誰でもタイヤというより自転車に対して理想の乗り味ってあると思う。
でもそれは相反するものが同居していて中々現実で考えると無理だよな。
となってしまう。
タイヤやホイールについてもそうなのだが、軽い、反応性が良い、乗り心地が良い
これは誰もが思う理想なんじゃないだろうか。
僕もそう思っている。でも、乗り心地の良いタイヤは柔らかく、その分反応が鈍く感じるし、
逆に反応が良く、軽さを求めると、硬い乗り心地をある程度覚悟する必要がある。

ところがだ。このタイヤは僕が今まで使ってきたタイヤのどれとも違った。
これを文字で表現するのは非常に難しいのだが、
「タイヤが良くなったと感じない」タイヤなのだ。
良くなったと感じるのは路面の方。
まるでいつもの道路が鏡のようになった感触がもっとも近い。
それもアスファルトの路面を走っているというよりは、コンクリートの
側溝が一切の段差を無くし、鏡のようになったような感触。
軽くて静かな水面を走るがごとく、それでいて反応も良い。
反応の良いだけなら僕の持っているTufoのチューブラーも反応は優れていると思う。
ただ、Tufoの場合、踏んだときに「カンッ」と音が出るんじゃないか?と思うほどの
かっちりした引っ掛かりと共にすぐさま反応するのに対し、このR1Xは「フワッ」というか、
「フッ」というくらいの感覚で反応する。
本当に活字にするのは難しいのだが、自分とバイクがまるで操り人形になったかのように、
接地はしているのだが、ほんの少しだけ巨人に見えない糸で持ち上げられているような感覚がある。

僕のひいき目な感覚で申し訳ないのだが、フロントも軽くなったような印象で少しクイックになったような感じもある。
今まで「こんなタイヤあったら良いけど、まさかあるわけないよな」と思っていた理想に
10%でも確実に何かを犠牲にするのではなく、すべてを近付けてくれるタイヤのような気がした。
15Kmも走ると夢のような感覚から自分の手の中に感覚が収まってくる。
それでも相変わらず軽く、反応も良い。タイヤのソリッド感とかエアボリューム感とかではなく、
重力が幾分減ったようなヘラヘラと笑ってしまうような感覚は相変わらず手の中でも感じる事が出来た。
ただ、歩道との3cm程あるような段差ではあやうくハンドルから手が弾かれるような大きな衝撃があった。
それと今までがダルなハンドリングだった事もあり、注意しないと思ったより切れるようになっているように感じる。
峠の下りなどでは慣れるまでは注意が必要だと思う。
ロードノイズも少ない。タイヤのノイズよりも昨日降っていた雨の残りで湿った路面から巻き上げた
小さな砂利がダウンチューブにパチパチと当たる音の方が目立つ。
ロードノイズが少ないのも利点だと今更ながら気付いた。
チェーンや駆動部からのちょっとした異音にも気付き易くなり、トラブルを未然に防ぐ事にも繋がりそうだ。

f0009086_14115581.jpg


まだ峠で乗っていないし、長距離も乗っていない。
でも今のところ誰が乗っても文句の出ない(あくまで僕のようなビギナーレベルでの話だけれど)
素晴らしいタイヤだと思う。
しばらくはこれを使い倒してみようかと思う一方、
R1Sという超軽量タイヤも買っておこうかと考え始めている。
[PR]

# by seawolf_squall | 2015-02-19 14:12 | 自転車関連
2015年 02月 11日
お久しぶりです。シャチです。

先週の月曜日の2/2に、息子が第一志望の高校に無事合格致しました。
偏差値は大した事ありませんが、
少人数での運営方針などが評判が良いらしく、
昨年は都立高校人気ナンバーワンという
高校でしたので、当然倍率も6倍程度と高く、親も本人も期待はしていませんでした。

何故受かったのかはよくわかりませんが、本人も行きたがっていたところに入れた事は将来の夢の具現化にも近づいた実感があるのではないでしょうか?
(とはいえ、渋谷区まで1時間半以上の通学はそれなりに大変でしょうけど)

やりたいことがやれる事の幸せをわかるためにも1度は挫折も良いかと、厳しい目で見てもいたのですが、合格して饒舌に試験の様子を話す子供を見ていると嬉しいのだろうな。と思えてこちらも嬉しくなりました。

後はゆっくりと残りの中学生活を過ごしてもらいたいものです。(^^)
[PR]

# by seawolf_squall | 2015-02-11 12:57
2015年 01月 03日
新年の誓い
明けましておめでとうございます。

シャチです。
写真は大晦日のものです。
年をまたいだ記事になり、申し訳ありません。
大晦日は友人と利根川沿いを河口方面に小見川まで走り、美味しい海鮮丼を食べて走り納めとなりました。(^^)

f0009086_18553566.jpg

f0009086_18553654.jpg






帰りの途中、「小江戸」と呼ばれる風情の良い、佐原を少し散策して帰って来ました。

f0009086_18553437.jpg





年も明けてそろそろ街も動き出した感があります。
恒例の今年の抱負ですが、

「逆境も人生。楽しまなければ損。
楽しむ為のエネルギーに変換して行く」

に、しようと思います。
まず、人生を謳歌しなければ、家族をはじめとする周囲にもネガティブな空気は伝染してしまうのではないか。
そういう思いがあり、自分がまず楽しくしていなければ周囲は明るくならないだろう。という思いからこの目標に今年はしてみようと思います。
昨年末から苦労をするのが目に見えている現場に入り、ともすると暗くなりがちですが、あまり遠い未来の事は考えず、目の前の難関に投げ出さず、真剣に取り組む。結果、これが人生を充実させる楽しむ事に繋がるのではないか。
と、考えました。
負のエネルギーがネガティブな空気を生むのなら、それを楽しむポジティブな空気に変えれば良い。最後の文句はそういう思いで掲げています。

今年は社内的にも新しいジャンルの仕事に取り組む事も決まっており、その責任者にも指名されています。新たな筋道を付ける役割です。
それと同時に仕事上の資格もいくつか挑戦するつもりです。

自転車も相変わらずやりますし、時間が足らない事も出てくるかと思いますが、忙しい事はありがたいことだと思いながら、楽しんで過ごしたいものです。

今年もどうぞよろしくお願い致します。
[PR]

# by seawolf_squall | 2015-01-03 18:38
2014年 12月 24日
CANYON Ultimate SLX 8.0Di2 を乗りこなす為に①
新しい自転車の走らせ方
がまだ掴めていないので
CANYONネタがしばらく続きそうです。

こんにちは。シャチです。

前回の計測結果から大まかにですが、
キャニ嬢が最軽量なのは結果として出ました。
でも、1号機のハチローことボッテキアのレース仕様に比べてみても軽い筈なのに、持った感触も軽くない。
これは何故なんでしょう?
いわゆる重量バランスってやつなのか?
と、勝手ながら考えています。

ざっと見直すとキャニ嬢は今のところ下側が重いバランスだと思います。
これは全体の比率換算での話。
そこで決戦ホイールをキャニ嬢に
装着しました。

f0009086_10292651.jpg



とはいえ、こちらはカンパ仕様なので、
トリム調整が必要になる筈。
早速マニュアルを見ながらやってみるとすぐに終了。
楽ですね〜。
準備は整いましたので、後は実走ですね。(^^)
[PR]

# by seawolf_squall | 2014-12-24 10:20