<   2014年 04月 ( 2 )   > この月の画像一覧

2014年 04月 08日
一人旅にご用心~初めてのハンガーノックで途方に暮れた日~
シャチです。

今シーズン初のヒルクライム練につくば一帯を自転車で走ってきました。



こんな坂を延々上ります。
f0009086_16423969.jpg


振り返るとこんな感じです。
f0009086_1643187.jpg



筑波山ふもとの「平沢官衛遺跡」近くの無料駐車場まで車載で行き、
そこからスタート、結果として距離81Km、獲得標高数2040mとなりました。

f0009086_16523658.jpg

f0009086_16525142.jpg

f0009086_1653263.jpg


コース、及びエレベーテーション図


ルートラボはこちら


獲得標高数というのは、例えば2000mの山を1回頂上まで上り下りする事です。
これを500mの山を4回上り下りしても獲得標高数は同じになります。
エレベーテーション図で見ると分かりますが、平坦部分が20Km程、
他は全て上るか下るかです。その距離はおよそ60Km。

当日の4/8は快晴。
朝6:00過ぎに自宅を出て、麓を8:30頃スタートしました。
最初は筑波山の舗装路で尤も高い「つつじヶ丘駐車場」を目指します。
このルートは今年も出場する予定の「ツール・ド・つくば」のルートそのままです。

まずは5Km弱にある「不動峠」を目指します。



不動峠までは道があまり良くなく、道幅も狭い。
f0009086_1710769.jpg



次にポイントとなる「風返し峠」はおよそ10Km地点。
不動峠を過ぎると道路が良くなります。


風返し峠の交差点
f0009086_17122185.jpg



シーズン初め。しかも花粉用のマスクと背中に約5Kgのカメラと三脚、
交換レンズを入れたリュックを背負っていると言う事もあり、思うように上れません。(泣)

なんとかつつじヶ丘駐車場に到着。ここから頂上までは徒歩かロープウェイを使って行くのが手段。
僕はここで休憩した後、自転車ですので一度下ります。


つつじヶ丘の売店で食べた「梅ソフトクリーム」さっぱりした味で美味しかったです。
f0009086_17172674.jpg



ここからは一旦先程通過した「風返し峠」の交差点まで下ります。
交差点を大きく右折して更に下り、神社入り口の信号を過ぎ、「筑波荘」という看板のある
旅館の駐車場を右折して入ります。駐車場に向いて何故か派出所があります。(^^;;


筑波荘の看板が見えたら右折して駐車場に入ります。
f0009086_17242090.jpg



入り口はこんな感じです。
f0009086_17251657.jpg



駐車場奥に「梅林」入り口の看板がありますので、そこを入り、再び上りの開始。
f0009086_17272753.jpg



程なくこんな景色が広がりました。
f0009086_17282977.jpg



更に上っていくと分かれ道。右に行きましょう。直進してトイレ方面は行き止まりです。
f0009086_1729343.jpg



一本道を上り、キャンプ場を目指します、途中で薬王院との分かれ道になりますので、
右折します。が、すぐに未舗装ダートになってしまいました。
f0009086_17321765.jpg

ここで3人組のオフロードのオートバイに乗った人達に抜かされました。
抜かす際にきちんと挨拶されました。
彼らはこの先のダートも行けますが、僕はロードバイクの為、ちょっと無理。
数百メートルなら良いのですが、先が分からないので諦めます。


仕方が無いので、先程の分かれ道まで戻り、薬王院方面へ下ります。
下りきったところには大きなため池がありました。
f0009086_17333047.jpg

f0009086_17335058.jpg



ため池にかかる橋は歩行者と自転車程度しか通れないようになっています。
ため池を渡り、県道41号線を右折、まっすぐ行くとコンビニのような「コメリ」があります。
ここで補給をしないと、遭難する危険があります。
飲料、食料などはここで買っておいてください。多すぎる位でも良いと思います。
更に直進しますと、「真壁消防署」がある交差点がありますので、右折します。

再度山に登ります。ここからが地獄の始まりです。(笑)
ここからほぼ直線の上りが5Km、そこからきのこ山方面へ左折します。
もうこの辺で脚が一度回らなくなってきました。

きのこ山方面左折入り口付近。
写真を撮りながらしばし休憩。
f0009086_1848778.jpg



汚れていますが、きちんと案内板はあります。
f0009086_18484854.jpg



ここまでの上りでもかなりしんどい筈です。
ここから左折すると更なる坂が待っています。
この先、もう途中離脱できる道はなさそうです。
きのこ山を上った所に左折して下る道があるのですが、地図では下まで
繋がっていないように見えます。
この下りる道との分かれ道で先程のオフロードのオートバイの3人組に再度遭遇。
少し話しかけてみると女性の方が覚えていてくれました。
僕が諦めて引き返した場所を説明し、あの先がどのくらい未舗装だったか尋ねてみると
ずっと未舗装だったそうです。行かなくて正解でしたね。(^^;;

彼らはここで下りる道を選択。僕はまだまだ上ります。
実は僕は今までもあまり補給について真剣に考えていませんでした。
これが今回の大きなミスでした。
普段、荒川沿いのサイクリングロードを100Km程走るだけなら、いつもボトル1本しか持って行きません。
補給食すら持ちません。しかも朝ごはん抜きでも走れてしまうのであまり深く考えたことがありませんでした。

エレベーテーションの図で見ると分かりますが、真ん中の鋸状の形をした大きな山が、
このきのこ山から始まる部分です。ここで補給する場所は全くありません。
小さなギザギザになっているのは標高で50m~100mのアップダウンを繰り返しています。
山は4つ。きのこ山、足尾山、丸山、加波山の4つを細かくアップダウンしながらの格好で上っていきます。
真壁消防署を曲がって始まる上りから最後の山のピークまでは15Km、
ここだけで獲得標高数は800m弱。道路は細く、車も通らない、ガードレールすら無く、
勿論自動販売機もありません。
途中、野生のキジやイタチが僕に驚いたのか、道端から飛び出してくるハプニングもありました。
もう既にこの上りまでに800m程の獲得標高数をこなしていますので、
疲れも結構ありました。
それなのに、僕がこの時持っていたのはボトル600ml1本と補給用にゼリー状の補給食
180Kcal分を一つだけでした。
筑波山を上り、梅林を上り、ボトルも3分の1程消費していましたが、途中で何か
補給食や飲料を買ってはいませんでした。

そのアクシデントは2つ目の山を上りきり、下って3つ目の山に差し掛かったところで突然やってきました。
「ハンガーノック」です。まず、脚に力が入らなくなりました。
僕はゆっくりしたダンシングで乗り切ろうとしましたが、すぐに身体を上げるための腕にも
力が入らなくなり、腹にも力が入らない状態になりました。
ハンガーノックとは「エネルギー切れ」の事です。
筋肉を動かすエネルギーがなくなってしまったようです。
ビックリしました。
ここまで走り出してから3時間程経っていて、目印の風力発電が見えます。
少しでも平らなところを選び、一旦自転車を降ります。
平らなところでないと、ロードバイクの場合、ペダルとシューズを嵌める作業が乗って走り出す時に
あるのでリスタートが出来ません。
ハンガーノックになったところで、モチベーションも下がってしまいました。
とはいえ、初めての道。この先どれだけ上って下りるのかが分かりません。
引き返すのも何度と無く上り下りを繰り返してきたので、もうそんなに
上る気力も体力もなさそうです。
それに先程からキジやイタチが出てきたりする、人気の全く無い道。
イノシシが出てくるんじゃなかろうかとか、あらゆるネガティブな要素が頭に浮かびます。

正直途方に暮れました。ある意味遭難に近い状態です。
僕はとりあえず最後の補給食であるゼリーを口にし、しばらく回復を待ちました。
しばらくの休憩の後、僕は前進する事にしました。
地図によると風力発電のある場所はこのいくつかの山を上り下りする部分の
後半に差し掛かっています。前進した方が距離は短いと思い、再び走り始めました。
そうは言っても一つ山を越えたところでまたしても上りが見えます。
我慢して上りますが、もう脚が回らない上に腰の痛みが出てきました。
再度休憩をします。休憩できる平らな場所を探していると、ちょっと下り坂にさしかかる
場所がありました。左手には上り坂、僕は直進のルートの筈。
上り坂の方には「加波山神社入り口」という看板がありました。
最後に一口だけ残ったドリンクを飲み干します。
後はもう補給するものは何もありません。行ける所まで行くしかありません。
重い腰を上げて再び走り出します。すると程なくして下りに。
そこから先は今までとは打って変わって身体が冷え切る程の下りです。
もうペダルを漕ぐ必要の無いまま、山を下る事ができました。
間一髪でした。僕はかなり危険な事をしていました、ただ運が良かっただけです。

その後、平坦路に出て15Km程走ったところで、蕎麦屋さん「風」に入り
遅めの風食。
そばがき野菜天ざるを頼みました。
ゆっくり椅子に腰掛ける事がこんなに疲れを取る事になるとは。助かりました。
が、消耗し過ぎたせいか、食べ物が喉を中々通りません。

f0009086_202745100.jpg

f0009086_20275847.jpg


頼んだ手前、残すことも出来ず、何とか完食。再び走り始めます。
この後、凝りもせず、再度筑波山を途中まで上り、不動峠から降りて
自分の車の止めてあった平沢官衛遺跡まで降りて、無事終了。
時刻は15:00でした。
本来は体調を考慮するならば、最後の筑波山途中までは上らず、
大廻りしてでも筑波山をぐるっと回って迂回するべきだったと思います。
結果として獲得標高数2000mを超えた訳ですが、これは無謀でした。

標高数だけではなく、写真を沢山撮ろうと、デジタル一眼カメラ、三脚、交換レンズ等を
リュックに入れて約5Kg、季節的に花粉症が酷い僕は専用のマスク装着。
これは取ったら酷いことになるので取るわけにもいかず。。。
これらの負荷も考えると補給食が不足していただけではなく、
身体的にかなりキツイ負荷を負った状態なのは明らかでした。

通った道を振り返ると、体調で変更できる場所が数箇所ありました。
このジャッジポイントを次回は頭に入れて人気の無い山奥で途方に暮れることのないよう、
また上りに行こうと思います。

今度はもっと楽しく上りたいです。(笑)
[PR]

by seawolf_squall | 2014-04-08 17:07 | PHOTO日記
2014年 04月 02日
5年前を想う


シャチです。

今年は3月に増税前の駆け込み需要で、僕達の業界も物凄く忙しかったのですが、
月が替わると、その反動での落ち込みようが半端ないです。
全くの暇状態。
そこで溜まっていた代休を行使して、以前に行った茨城の常総市付近にある
「弘経寺(ぐぎょうじ)」へ再度桜を撮りに行ってきました。

僕は桜と紅葉は苦手な被写体です。(^^;;

f0009086_16543147.jpg


More
[PR]

by seawolf_squall | 2014-04-02 20:49 | 思考の深淵