<   2012年 02月 ( 6 )   > この月の画像一覧

2012年 02月 29日
英気を養う
今日は仕事仲間と八丁堀の『茂助』でフグ三昧。英気を養いました。この店、フグでお腹いっぱいになります。写真は鍋以外1人前。大皿で出さないところも良かった。お勧め。
f0009086_2215816.jpg


f0009086_2215834.jpg


f0009086_2215890.jpg


f0009086_2215847.jpg

[PR]

by seawolf_squall | 2012-02-29 22:13 | PHOTO日記
2012年 02月 12日
幸せの真実
今朝、ホイットニー・ヒューストンが亡くなった。
享年48歳は私と同級生という事になる。
ホテルのバスルームで倒れていたらしい。
唄が上手く、アメリカ人好みの絶唱タイプ。
惜しい人を亡くした。

今日は1/8以来の週末の休み。
ところが習慣からか朝5:00に一度、目を覚まし、
しばらくは布団に入っていたが、7時半には近くのマックへ
家族の朝マックを買いに出た。

そんなこんなしている朝に、フェイスブックで友達登録させていただいている方から
こんな書き込みがあった。

斉藤ひとりの言葉だそうだ。
私は彼のことは胡散臭い奴という印象でしか見ていない事を
先に書いておく。


---------------------------------------

『幸せの道』

幸への道って無いんです。

しかし、毎日、幸せだなと幸せだなと言ってる人の後ろを
見ると幸せの道が出来ているんです。

反対に愚痴や不平、不満ばかり言っている人の道は
不孝の道なんです。

遠くの幸せを追い求めて行っても、なかなかたどりつけません。
それよりは身近な幸せに気付き幸せだなと口にすることが大事です​。

朝起きて、ごはんが食べられこと、最愛の妻がいること、
会社にかよえること、人と出会う事。この事に感謝し、幸せだとい​う事を
口にすれば周りの人が喜び、自分もみんなも幸せになるという事で​す。

周りの人をよろこばしたり、心地よくすると神様の思いもやらな​い送り物が
あります。

というものです。
いつ聴いてもジーンとします。考え方を押しつける
事はしませんし、思想を植え付けられるのっていやですよね。
だから、賛同下さいなどこれポチッチもおもってません。
しかし52年生きて振り返ると当たってる感じです。

---------------------------------------

私もこの言葉には共感した。
我慢する事じゃなく、口に出して言う事でもないとは思う。
小さな事でいちいち幸せだなどと言葉に出していたら、それは偽善にしか感じられないし、無理しているようじゃないか。
でも、こういうスタンスを心に置いておく事で、
きっと人生が180度ちがったものにはなるだろうと思う。
同じ給料をもらい、同じ仕事をして、同じ家に住んでいてもだ。
「三丁目の夕日1964」という映画のCMでも、
「お金持ちになるとか、地位とか名誉じゃなくても幸せな事ってある云々」
というセリフがあったと思うが、優等生的な物言いじゃなく、
そういうものなんだろうなと、最近思う事が多い。

これは若い頃に良く思っていた、『人生の成功者』とか、『人生の勝利者』というくくりで言ったら、『敗者』でしかないのかも知れない。
若い頃は負けたくなかったし、楽がしたかったから、そうなるための金が欲しかった。
それが『勝者』の条件だった。
ただ、今の自分は楽が出来る程の金も持ってないし、偉そうに他人に語れる程の半生も過ごしてこなかった。
でも、負けた気はしていない。
まぁ、勝った気もさらさら無いが…

幸せとは物理的な物じゃないって事だろう。
もっとエモーショナルなものなんだと思う。

風呂場で倒れていた、ホイットニーは幸せだったのだろうか。
そして苦しい思いをしていると思っているあなたは、もしかしたら本当は幸せなんじゃないだろうか?

f0009086_18121875.jpg

[PR]

by seawolf_squall | 2012-02-12 18:14 | 思考の深淵
2012年 02月 07日
八丁堀 たん助六
f0009086_18441185.jpg


今日は仕事仲間と八丁堀『たん助六』で食事会です。
ボリュームに満足!

More
[PR]

by seawolf_squall | 2012-02-07 18:42 | PHOTO日記
2012年 02月 06日
大人になった証拠なのだろうか
休みの今日は、朝から忙しい筈だった。
まずは花粉症の薬の処方をもらいに
かかりつけの医者に朝一番で行く。
帰りに少し寄り道をして借りたかったDVDを借り、
会員カードの変更をし、DVDを観る。
その前に本当は昼飯を近くのイタリアンで食べるか、
マッサージに行くかと昨夜は考えていたのだが、
家人の体調が悪く、仕事を家人も休むというので、
家でゆっくり過ごす事にした。

f0009086_21144539.jpg


DVDを観た後、もう一つやりたかった事をすべく、
近くのホームセンターに行き、買ってきたのがこれ。
手動式のコーヒーミル。
電動のものはあったのだが、電動モーターの速い回転では
摩擦熱で美味しく挽けないらしい。
ついでなので、近くの珈琲館
で新しく月替わりの豆も買ってきた。
「マンデリン アチェ ルクプサブン」というインドネシアの豆。
この月替わりの豆は200gで1500円程。
多分家人からしたら高いのだろう。
私には高いのか安いのかはよく分からない。

早速淹れてみると、何杯でもいけそうな軽い口当たり。
なんか美味いけど違うような気もする。
豆を挽く細かさを少し変えた方が良いのかもしれない。

珈琲一杯が面白いほど深い。
しばらくはまりそうだ。
[PR]

by seawolf_squall | 2012-02-06 21:16 | PHOTO日記
2012年 02月 06日
最高にワクワクな時

22日間休みなく働き、明日は休みという前日の夜。

こんなにワクワクする時はそうないものだ。
休めない時ほどワクワクしそうなものだから、
尚更休まないでみようなんて思う時もある。

で、休みの前夜。
帰りに丸井の地下でブルーチーズと羊のチーズという
もっとも癖のあるチーズ2種類と、チリ産のカベルネソービニヨン種の
ワインを買い、飲みながらゆっくりした時間を過ごす。
そう、実は、今夜は少しの間一人なのだ。

f0009086_20593020.jpg


ワインという飲み物は私の理屈で言えば、美味しいと感じるのは
「瞬間」でしかない。同じワインを再度飲んでも、同じように感じないのだ。
体調、気分、ワイン自体の持つ力、時間。。。
色々な偶然が重なった時だけ、ワインは神がかって美味くなる。
その確立を少しだけあげるアイテムが私の場合、
赤ワインならブルーチーズだったりする。
今日のブルーチーズは買った「チーズ王国」の店員に
「一番癖のあるブルーチーズをくれ」と言っただけの事はあって、
癖もあるが旨みと塩気が非常に強い。
そしてこれを舐めるように食べながら飲むワインは甘みが増すような気がする。

休みの前の夜。
ほんのひと時だが、濃密な時間を一人で過ごす。
[PR]

by seawolf_squall | 2012-02-06 21:05 | PHOTO日記
2012年 02月 02日
花粉症ついに
昨日より東京では花粉が飛び始めたようです。
私の身体が反応しています。
気象庁などではまだ測ってすらいないみたい。
反応の出ていない方は早目に薬を飲むなどの対処をした方が良さそうですよ。
[PR]

by seawolf_squall | 2012-02-02 22:08