<   2008年 12月 ( 9 )   > この月の画像一覧

2008年 12月 25日
俺にだってサンタは来る
愚息よ、お前はサンタにポケモンを貰ったとはしゃいでいるが、
俺にだってサンタは来るのだ。
今年の年末、初めて仕込んでみる味噌の材料たち。
フクユタカという大豆2Kg、
米麹2Kg、麦麹2Kg。
出来上がれば10Kgの味噌になる筈だ。


f0009086_2246349.jpg

[PR]

by seawolf_squall | 2008-12-25 22:47 | PHOTO日記
2008年 12月 15日
New!~風邪ひき~
遂に注文していた愚息の新しい自転車(2台目アメリカンイーグルWサス)が到着!
しかし、風邪で動けないので枕元に置いて眺めさせる家人。
ある意味拷問。。。

f0009086_17553653.jpg


α-100+TAMRONAF28-75mmF2.8XR Di/A09
[PR]

by seawolf_squall | 2008-12-15 17:43 | PHOTO日記
2008年 12月 14日
イチゴ
無くなったイチゴの汁を牛乳と砂糖で薄めて増量。
しつこく味わう愚息。(ダカフェ風に)

f0009086_19215856.jpg

MINOLTA50mmf1.4+α100
[PR]

by seawolf_squall | 2008-12-14 19:22 | PHOTO日記
2008年 12月 13日
拘りについて
カメラの事である。
興味のある方にしか役に立たない情報でもあるが、
以前、マクロ的な撮り方が自分の殆どだという話を
コメントでしたと思う。
その具体的なところを実際に見てもらうために
掃除の合間に撮ってみた。

カメラを撮る人にもそれぞれ拘る部分が違う。
被写体も違えば、写真に籠めるものもそれぞれ違う。
「マクロ的な」と書いたのは、完全なマクロ撮影をするのとも違うからだ。
マクロで撮影と言い切ってしまうと、周囲の状況説明が出来ない写真
(それ程周囲をボカしてしまう)写真がメインと思われてしまう。
そこは自分では違うと思っているので、あえて「マクロ的な」
という曖昧な表現を使っている。

レンズの味の一つである「ボケ味」というものがある。
良いレンズには「とろけるようなボケ味」という表現が良く使われる。
このボケ味が一つの「綺麗な写真」と感じる部分でもあるし、
このボケ味の為だけに20万円もの価格差のあるレンズを買う
ハイアマチュアなんて、ゴロゴロいるのだ。

ボケ味は一般的にレンズの明るさで決まる。
言葉の表現であえてそう書いてしまうが厳密には違う。
だが、説明が長くなるので「明るいレンズ」がボケ味を産むと理解してもらっても
間違いではないと思う。
では、明るいレンズとは数値的にどこを見れば良いのか?
これはf値と呼ばれるところで、レンズに必ず書いてあるもの。
例えば
*28-75mm 1:2.8とか、
*3.5-5.6/18-70というような表記だ。
小数点以下がついているのがf値の数値で、この数値が小さい程明るい。

1:2.8というような表記があれば、f値2.8が開放と言って
一番明るくした状態。更に上段の*の場合、整数の数値が28-75mmだから
28mmから75mmまでのズームレンズで尚且つ全域2.8のf値が使えますよ。
と理解してもらって良い。

一方、二番目の*のように、3.5-5.6と幅を持たせてf値が書いてある場合、
(これはズームレンズの場合になる)
全域で一番明るい開放f3.5が使える訳ではなく、ズーム側(拡大する方向)
に行けば行くほど暗いf値しか選べませんよという意味だ。

今回、手持ちの3本のレンズで同じサイズで同じ場所から撮ってみる。
サイズは50mm、(フルサイズでは75mm)
カメラと同時に購入したWズームレンズの
SONY18-70/f3.5-5.6(これが一番ダメな筈)
現在メインで使っている、
タムロン28-75/f2.8
そしてある意味究極の単焦点レンズ
MINOLTA50/f1.4
以上の3本を50mmという同じサイズで撮影してみる。

条件は背後にツリー、その手前1m位の位置にグローブを椅子の上に置き、
さこから約1m弱離れたところから三脚とレリーズを使用して撮影した。
写真は一切修正せず、画像サイズだけをBLOG用に修正したものを使用する。

More
[PR]

by seawolf_squall | 2008-12-13 16:22 | 戯言
2008年 12月 11日
贈り物~青森のりんご~
BLOG友達の某氏からリンゴが送られてきた。
名前出しは本人に未確認なので自主規制。

本場のリンゴだけに甘くて瑞々しくて美味しい。
風邪気味だった愚息も「美味しい!」と言って
喜んで食べていた。

某氏、ありがとうございました。
こちらからも何か送りますね。


箱の中には青リンゴと赤いリンゴ。
糖度13%保障なんて書いてある。
自信あるんだなぁ。。。
f0009086_20135762.jpg





やっぱり、愚息も美味しいと思ったみたいだ。
こんなに小さいうちから舌が肥えてしまいそうだ。(笑)
f0009086_2015548.jpg

[PR]

by seawolf_squall | 2008-12-11 20:30 | 美味いもの=幸せ
2008年 12月 08日
茨城 蕎麦所 小野立庵(おのだてあん)
先日5日に休暇を取って、茨城にある蕎麦屋
「小野立庵(おのだてあん)」に常州新蕎麦を食べに行った。
実はこの日、お目当てはこの店ではなかったのだが、
お目当ての店が休業日だったので、次の候補に
なっていたこの店へ行ってみたのだ。
結果からして大正解だった。
二人で頼んだものは、
掛け蕎麦、十割大盛り蕎麦、けんちんつけ汁、天ぷら5点盛り、
山女の天ぷら、蕎麦がきで5000円弱。
特に期待はあまりしていなかった「蕎麦がき」が
格別のボリュームと味で、また是非伺いたいと思う店だった。




大の男が大汗をかきながら練り上げる、蕎麦がきは淡い緑色をしている。
出されたそばがきはまだ湯気が出ていて、箸が折れるのではないかと
思うくらいねばりと密度のあるもの。
これを生醤油で頂く。天ぷらについていた塩で頂いてみると、
蕎麦の香りが途中からふわりと口の中に広がる
f0009086_234362.jpg


More
[PR]

by seawolf_squall | 2008-12-08 23:48 | 美味いもの=幸せ
2008年 12月 06日
雑感
カメラについて、少しだけ分かったような気がする。
自分で忘れない為にも書いておくことにする。

私は普段、TAMRONAF28-75mmF2.8XR Di/A09というレンズ
を使っている。
カメラは未だにα-100だが、買ったときはWズームレンズキットにしたので
広角域の16mm~望遠の300mmまではカバーされている。
これをフルサイズに換算すると、実に24mm~450mmまでをカバーしている事になる。

だが、いかんせん、所詮はキットレンズ。
暗いのと描写力にやや不満があって、このレンズが安い割には
比較的評判が良かったので、買って使っている。

以前、フィルム時代からミノルタのカメラを使っていたので、
その他にもいくらかレンズ資産があった事もソニー製デジ1を買った理由の一つだ。
その中には50mmF1.4や20mmF2.8がある。
50mmF1.4は今でも勿論使う。
F値1.4というのは非常に貴重で、夜間の撮影や室内、店内の撮影には
事欠かない。明るいレンズだ。
今回も夜間の撮影なので、フラッシュを使わない私はこのF1.4の1本で
あれこれと手持ちで撮ってきた。
ところが、これが今となっては焦点深度の浅さなど、
どうにもカンがつかめないまま引き上げるはめになってしまった。
人が多いというのも理由にはあったのだが。。。

実はこの先α-900を購入しようとはぼんやりとだが考えている。
そうなるとどうしても望遠側が不足してしまうので、レンズの事も
考え直さなければならなそうだ。
他にもキャノンやニコンもフルサイズ機については少し予備知識を入れて
店頭などで触っては来てみた。
だが、どうもしっくりこない。
キャノンは車で言えばトヨタみたいなものだと思っている。
ソツがないだけで、無個性な写真を平均点を守りつつ
叩出してくれるだけのような気がしてどうにも味気ない。
ニコンはそれなりに個性もあるのだが、その個性が私とは
反対の方向にベクトルを持っているようで、性格の不一致のようだ。
ソニーはミノルタの思想を行儀良く継承している。
その為、写真も思いっきり外した写真もあってガッカリするかと思えば、
思いもかけず素晴らしい出来のものがあったりと、
まるでシャッターを押す度に宝くじを買っているような気分になる。
私にとって写真はあくまで個人的な趣味の世界なのだから、
こんな風に博打を打つような写真の撮り方の方がスリリングで好きなのだと思う。
それとα-900に限って言えば、ファインダーの視野率や映りの良さは、
そろそろ目が弱ってきた私が生意気にもMFを使う場合にも
助かる材料の要因でもある。

私は写真には光と影、物語、この二点を写し込む事をテーマにしている。
だから遠景でも風景は苦手だし、あまり興味も無い。
どうしてもマクロ的な撮り方や中望遠が主体になってくる。
動的な被写体だったり、静的な被写体だったり、その場に応じて
被写体の選択幅は広いのだが、テーマは変わることが無く、
その良し悪しで私が選ぶ写真は決まってきてしまう。
偉そうに書いてきたが、TAMRONAF28-75mmF2.8XR Di/A09にも
やっと最近慣れてきたのだと、50mmF1.4を久しぶりに使う事によって
再認識させられたのだ。
逆に未だに50mmF1.4は使いこなせていない事にも気付いたのだが。。。



近所の公園で毎年行われるX'masイルミネーションにて
MINOLTA50mmF1.4+α100
f0009086_22221371.jpg

[PR]

by seawolf_squall | 2008-12-06 22:24 | 戯言
2008年 12月 05日
愁葉
筑波へ行って来た。
目的は美味い蕎麦だったのだが、いつもの事ながら
目当ての店が開店するまでの間、周囲をぶらぶらと
カメラをぶら下げてまわっている。
まだ終わっていない赤い葉を撮ってみる。
場所は筑波山神社周辺。
やはり平日だったからなのか、
元来こういうものなのかは分からないが
静かで枯れた雰囲気だった。



ここの狛犬はエッジが効いたシルエットが良い。野性味溢れていて何故か顔がバタ臭い。
f0009086_2240272.jpg


More
[PR]

by seawolf_squall | 2008-12-05 22:44 | 切り取った想い
2008年 12月 04日
混在 ~新旧やら光線やら~

f0009086_21115994.jpg






北千住界隈にて通勤途中に MINOLTA50mmF1.4+α-100

More
[PR]

by seawolf_squall | 2008-12-04 21:16 | 切り取った想い