<   2005年 12月 ( 10 )   > この月の画像一覧

2005年 12月 30日
父子二人の電車旅
昨日は愚息と二人で湯河原の
「オーシャンスパ おおきじま」へ。
毎年の恒例行事なのだが、女房の休みが31日からなので
保育園が終わってしまったこの2日間は
私と愚息で過ごす。
いつも一日は愚息が好きな電車でどこかへ出掛ける。
色んな電車に乗るつもりだった愚息が最初に新幹線で
東京から小田原まで行ったら、帰りも新幹線で帰ると言う。
で、帰りも新幹線になってしまったがために、色んな電車には
乗れなかったのだが、その分、おおきじまの
屋上の温泉プールでかなり炸裂していた。
結局2時間あまりもずっとプールの中。
水温は33℃と低めなのでプールから出ることが出来ない。
(オープンエアーではあたりまえだ)
散々遊んだ当人は良かったが、私はすっかり風邪を引き、
昨日の晩から激しい胃痛と熱ですっかりダウン。
やっと先程起きることが出来た。
来年もどこかへ二人で行けると良いと思う。
一緒に歩ける期間なんてそうそう長くはないのだろうから。。。
f0009086_14265413.jpg


すっかり疲れた帰りの新幹線で。
今日を名残惜しみながらも疲れて眠いようだ。
[PR]

by seawolf_squall | 2005-12-30 14:27
2005年 12月 25日
正負の法則
昨日、TVでやっていたオーラがどうのこうのっていう番組があった。
私は霊能力とか占いとか、あまり信じていないというか
占ってもらってもすぐ忘れてしまう。
ただし、どうやら霊能力のようなものが自分自身にはあるようだ。
一番それを確信したのはもう20年近くも前の事。


夜、バーテンダーの仕事を終えて深夜3時前に車で自宅の戻る途中、
いつも嫌な感じのする緩いカーブがある。
前にもそこでネコのような動物らしきものが飛び出してきて
私は完全に轢いた!と思い、慌てて車から出てあたりを見回したが
何もいなかったという経験がある。車に衝撃がなかったと
思い直したのは随分後になってからだ。

その夜もそこに差し掛かった時に驚いた。
この世のものとは思えないような光景を目にした。

緩いカーブの途中にある電柱の上に大きなカラスのようなものが見えた。
それが前の車に襲い掛かった。
深夜でも比較的交通量の多いその道路には中央の私の車を含め
3台が連なっていたのだが、私の車にも次のカラスのようなものが
電柱から滑降してきた。びっくりしたのはフロントガラスに映った
その巨大なカラスに見えたものがマント状の衣服をまとった
人の姿だった事。
私は慌ててハンドルを切り、それをかわした。
後ろの車にも襲い掛かった3人目のカラス人間がバックミラー越しに見えた。
運転手は全く気にしていないようだった。
むしろ私の運転を酔っ払いのそれと見たのか
少し私の車と車間距離をとって走るようになった。

それから数週間後、その電柱の下には今までなかった花束が添えられていた。

私が思うにこういった事は人の残留思念というかある種の
エネルギーが残っているのだと思う。
だから霊魂とかという考え方は私は否定している。

話を元に戻そう。
オーラ云々という話は前述のように私は信用していない。
だがその中で私が好きな芸能人の一人である、美和明宏が
「今まで苦しかった分、これからは幸せになれる」と言っていた事が
強く心に残った。

そう、人生なんて悪い時ばかりじゃないと思う。
自ら命を絶とうとする人がいる。
でももうちょっと待ってみたら後でその時が
笑い話になるような人生がひらけているのではないだろうか。
私の家は小さい頃全焼して家を失くした。
それから数年間は結構苦しい生活だったが、今ではそれも笑い話だ。
正負の法則。信じても良いのではないだろうか?
[PR]

by seawolf_squall | 2005-12-25 22:14 | 思考の深淵
2005年 12月 25日
一日遅れのクリスマスイルミ
f0009086_2212830.jpg



f0009086_2222914.jpg



f0009086_223135.jpg



f0009086_2233521.jpg



私の家から徒歩5分のいつも歩く散歩コースでもある、
「元淵江公園(もとふちえいこうえん)」は色々なイベントをやる。
その中でも「蛍の夕べ」とこの「クリスマスイルミネーション」は
ちょっとした観光地のような人手でにぎわう。
周囲は結構遠くから来る車で渋滞だし、中もコンサート等々
イベント盛り沢山で結構な人手。
私の家からは歩いてすぐなので、いつもカメラと小さな
三脚片手に写真を撮る。
今年はやっと今日行けたので写真を撮ってみた。
柔らかく仕上げるためにちょっと加工してあるのは
おざなりの技法なのだが、それなりの雰囲気にはなっているかな?

ところが愚息が帰りがけにお気に入りの手袋を落としたらしく
かなり泣き通しだった。大したものではなかったのだが
お気に入りだったのか、ずっと泣いていたが、近くの
スーパーで新しい手袋を買ってあげたら申し訳なさそうに、
でも嬉しそうにしていた。


皆さんに良い一年がまた来る事を願います。
[PR]

by seawolf_squall | 2005-12-25 22:05
2005年 12月 23日
良いお年を
f0009086_21492899.jpg


やっと本日休み。
でもここのところ連日の忘年会に胃腸が疲れてきているようだ。
昨日は今井屋本店 にて久しぶりに美味しい鳥を食らう。
が、美味しいと酒もついすすんでしまい。。。

今日は久しぶりに愚息と朝からお散歩。
おばあちゃんが編んでくれた毛糸の帽子を自ら進んで被っていた。
もう年齢的には不似合いの域に差し掛かっていると思うのだが、
自分で被るというのだからまぁいいか。。。
そしてカーディーラーにてちょこっと商談(笑)

今年は近年になく寒いが身体には気をつけたいもの。
もうちょっとでお休み。少し今日はゆっくりして明日も仕事の私は
プチ充電の休日。サンタさんにもならなきゃいけないし、
残りの忘年会の消化、そして仕事。
まだまだスケジュールは盛りだくさんです。
ですので、年内更新が出来ない事も考えて良いお年を。
[PR]

by seawolf_squall | 2005-12-23 21:49 | PHOTO日記
2005年 12月 12日
他人の家の子、自分の家の子
昨日、愚息の保育園の友達を半日だが預かった。
上は愚息と同じ6歳だが3人兄弟で下に5歳の妹、3歳の弟がいる。
やっとの休日が思いも寄らぬ大騒ぎの午後となった。
一番下の3歳は私になついて私の膝の上に座って
おにぎりを頬張る姿はなんとも可愛く、胸の中を小さなその手で
握られたような気持ちになった。
この頬張った顔がなんとも可愛くて、それに懐かしい匂い。
f0009086_21374636.jpg




愚息が3歳の頃、どんなだったんだろうと
ふと写真を出してみる。
あの頃はこんな懐かしさや愛おしさに浸る余裕があまり無かったかもしれない。
家から一歩出れば、まず車の心配などで気を減らしていた。
でも、そんな風に大変でも貴重な一瞬だったのだろうと今になって想う。
僅か3年前。されどもう戻りはしない。
f0009086_21384073.jpg

[PR]

by seawolf_squall | 2005-12-12 21:46
2005年 12月 10日
残業でした
今日もいきなり残業。今帰りました。(泣)
で、明日は出向先は休みなんだけど、そうしてもって知り合いの
電気屋さんの助っ人でアルバイト。(笑)
品川のNTTツインタワーで仕事です。
ま、今時アルバイトで日当2万超えるバイトなんてないし、
良い小遣い稼ぎです。

私のお客さんの川崎重工系の方からも
まとめて発注があり、その調査も行かなきゃならないけど、
その時は出向先に代休という事で休み貰って行く事になりそう。
工事もその代休作戦でいくつもり。うーん、休めないなぁ。。。

ところで愚息が急性胃腸炎。
昨日実家の母親が来たのだが、その時既に具合が良くなかったようで
あまり食べたくなかったらしいのだが、母親が作ってきてくれた
「オカラ」を無理して食べていたらしい。
母親を送りに私と母が出た後でいきなり吐いたと言う。

今日愚息は一日お休み。

子供ながらにお前は気ぃ使いすぎだな。
こんな日は甘えさせてやってもいいかな。。。
[PR]

by seawolf_squall | 2005-12-10 00:31 | 戯言
2005年 12月 08日
ここんところ
最近写真撮ってないです。
一昨日は急に徹夜。(爆)
昨日は11頃やっと帰宅。まるで旅行帰りなくらい家が懐かしい。
で、昨日やっと届いたプロジェクター
http://seadog.boo.jp/Home/doit/index.htm
のランプを本日定時にあがり交換。
プロジェクターが天井に吊り下げなので、一旦外して
交換。つけてみると見事直りました。
が、ランプの使用時間を見ると855時間!!
なんで?説明書には2000時間は持つような事書いてあったのに。。。
これってリコール商品じゃないの?
でもサービスに電話したときそんな事言ってなかったなぁ。。

12月から加入しているCATVがデジタル化したから
今までと違ってスクリーンに映してもはっきりになりそう。
今度はAVアンプの結線を変えなきゃならないけど、それは日曜日に。。。

ところでまたしても他の会社から引き合いが来た。
今度は今のところよりは大きそうな会社。
コム○ス出資の一次受けだ。
内容はみかか(知っている人はしっているよね)の
ファイバー工事手配。
それにしても何で知らない会社が打診してくるんだろう?
おなじみかかでも私はエクシ○だからそっちは
知らないのに。。。どっかで繋がってるんだろう。
私じゃなくても良さそうなものだが、必要とされているという事は嬉しい。
やんわりと断るつもりですが。。。

現場好きだし、監督みたいな立場じゃ身体動かせないから
私には向かないと思う。

今やりはじめた出向先KD○Iでの図面描きも
本格的になってきて今日私の図面描き専用PCまで用意された。
図面だけじゃ身体動かさないじゃんって思うかも知れないけれど
ちゃんと週末の工事には作業員になってます。
(工事の人には恐縮されてますが。。。)
もう最初の契約の1月末じゃ逃げられそうに無い。
まぁ、それも必要とされているという事だから非常に嬉しい。
人間なんて必要とされてるんだって感じたら頑張れるものだ。
[PR]

by seawolf_squall | 2005-12-08 22:29 | 戯言
2005年 12月 05日
珍しい話
今日は珍しい話を。
実は家に帰ってきてからも設計の仕事をしていました。
もう明日注文しないと間に合わないもので。。。
で、いつもの事ですが、PCの前に座ってCAD描いていると
愚息が見に来て膝(というか腿)の上に座ります。
はっきり言って邪魔なんですが、よっぽどカリカリしている時以外は
そのままにしておくのです。
すると、小声で「パパ、手がこんなになっちゃった」と私に囁きます。
きっと母親に聞かれると
「アンタ、何やったの?」と大袈裟になるのが嫌なんでしょう。
で、ふと見ると。。。
「お前、これ痒くないの?」と私。
「うん、ちょっとだけ」と愚息。

思わず笑ってしまいました。
実は手の甲の親指と人差し指の延長部分あたりが
どうやら霜焼けになりかかっているようです。
赤くなって亀の皮膚のようにガサガサです。
私も小さい頃、家で遊んでいた記憶がほとんど無いのですが
それでも私が子供の頃に霜焼けなんて東京生まれで東京育ちの私や
その周囲にはいなかったと思います。
確かに愚息は外で遊ぶのが大好きで特に公園巡りは大好きです。
それにどうやら手袋が嫌いらしい。
靴下が嫌いなのは知っているのですが、手袋も嫌いとは。。。
そのせいなんでしょうか、今時珍しい霜焼けです。(笑)
すぐに家人に軟膏を塗ってもらいました。

そういえば、霜焼けの経験はありませんが、「ハタケ」って知ってますでしょうか?
外でばっかり遊んでいると、日焼けで冬でも顔が真っ黒なんですが、
そうなると今の時代と違ってスキンケアなんてしませんから、
一円玉より一回り小さい円形の肌が荒れた部分が出来て
そこだけ白くなるのが顔に2~3箇所出来ていました。
これは私も同級生もみんななっていました。

もうすっかり忘れていたノスタルジックなものたち。
子供を持つとそんな事まで思い出します。
[PR]

by seawolf_squall | 2005-12-05 23:18
2005年 12月 04日
贅沢?な悩み

悩んでいる。。。
実は来年2月で車検が来る。
こんなのも贅沢なのかも知れないが、
私は車を3年しか乗らない主義なのだ。
で、はじめての車検前に買い換える訳。
今の車はイプサム。その前がオデッセイ。その前がレガシイ。。。
いつも同じメーカーを乗り継いではいない。
で、今度は候補が沢山あるのだ。
12月は色々と公私混同で忙しいのでそれほど車を見に行く
機会が無いものと思って、今までにも買う気を伝えに
ディーラーまわりはしてある。

私の住んでいるところは環七と国道4号が交差するところが近い。
要はディーラー銀座だ。
買う方にはありがたい話だが、売るほうは物凄く気合が入ってっていて
熾烈な駆け引きがあり、そこにはドラマもあるのだ。
僅か500mの間に国産ディーラー全てがあると言ってもいいくらいだ。

既に試乗したものも含めて挨拶したディーラーは
日産、ホンダ、三菱、マツダと4社。
候補も色々でアウトランダーという三菱から出たばかりの4駆や
ミニバン、その上のクラスと様々。
それにまだ来年早々出るエスティマとかMPVもある。
どこも気合十分で最近郵便受けの中にディーラーからのDMが
必ず入っている。
来年1月中にはある程度ふるいに掛けてしまわないと
納車が間に合わない事情もあるので、他にもいかなきゃいけない
ディーラーもあるし、イプサムでお世話になっているディーラーからも
アタックされているし。。。
実を言うとこの買い替えの時期はいつも結構楽しんでいる。

うーん、どれにしようか。。。。
[PR]

by seawolf_squall | 2005-12-04 18:00 | 戯言
2005年 12月 01日
何も言えないけれど

何も言えないけど、
みんな必死にもがいてると思う。
苦しい時期は誰にでもあって、
今、自分が幸せだと思えるのなら、
苦しかったときを思い出して感謝できたなら
きっと優しくなれる。

みんなにそんな時が来たら、
きっと幸せな気持ちが街中に溢れるだろう。
こんな想像しているだけでも幸せな気持ちになれるのだから。

幸せを感じたなら優しくしたい。
隣の人も幸せになれるように。
[PR]

by seawolf_squall | 2005-12-01 23:07 | 思考の深淵