カテゴリ:プロジェクター鑑賞( 12 )

2006年 06月 16日
七人のマッハ!!!!!!! プレミアム・エディション
七人のマッハ!!!!!!! プレミアム・エディション
/ ポニーキャニオン
スコア選択: ★★★

非常に出来栄えは良いのだが、

一作目のような明るさがない。

残酷なシーンも多くなり、ちょっと残念。

ただ、この監督は

そのうちにハリウッド入りすることは

間違いないと思う。

ワイヤーアクションなしの生身の

アクションには命の危険も感じるが、

情熱を持って作られた映画な事は確か。

ただベクトルが違う方向を向いているだけだ。
[PR]

by seawolf_squall | 2006-06-16 23:46 | プロジェクター鑑賞
2006年 06月 16日
おとうさんのバックドロップ
お父さんのバックドロップ
/ アミューズソフトエンタテインメント
ISBN : B0007WZTHA
スコア選択: ※※※※

予算はなさそうな映画だ。



映像にも何も特筆するものはない。



ただ、最後のシーンではやっぱり泣いた。



神木龍之介君は中性的な弱い男の子の役がやはりよく似合う。


[PR]

by seawolf_squall | 2006-06-16 23:33 | プロジェクター鑑賞
2006年 02月 26日
ミリオンダラーベイビー
ミリオンダラー・ベイビー
/ ポニーキャニオン
スコア選択: ★★★

6.0点

ロードムービーのような淡々とした映画です。

イーストウッドの言いたい事は良く解るけれど

やはりここは客観的に作品を観る目も作り手には必要だと思いました。

ちょっと長く、退屈な映画です。

言わんとしている事は良く解るのですが。。。
この手の映画では「海を飛ぶ夢」の方が上手だと思いました。
[PR]

by seawolf_squall | 2006-02-26 22:05 | プロジェクター鑑賞
2006年 02月 26日
星になった少年
星になった少年 スタンダード・エディション
/ 東宝
スコア選択: ★★★★

7.8点

日本映画にしては絵にもこだわっています。

タイには2回程行きましたが(とはいえ、南部です)

タイらしい赤い大地と緑のジャングル、青が濃い空、埃っぽい風。。。

これらを本当にそのまま表現しています。

日本の風景も象がいるせいか少し南国風な味付けの映像でした。

それとやはり坂本龍一のBGMが今回素晴らしかったです。

「戦メリ」以来の出来だと思いました。

役者では主役の柳楽君もそうですが、常盤貴子の演技に圧倒されます。

彼女、余計なお世話ですが、早く結婚して欲しいです。

そうした方が更に演技に磨きがかかるような気がしました。
[PR]

by seawolf_squall | 2006-02-26 22:04 | プロジェクター鑑賞
2006年 02月 26日
電車男
電車男 スタンダード・エディション
/ 東宝
スコア選択: ★★★★

7.2点

平たく言えば「101回目のプロポーズ」と同じ路線です。

でも、山田君、今じゃプライベートでは色々と噂がありますが、

彼の一生懸命な演技に思わず泣いてしまいました。

ストーリーもほのぼのと面白いですが、彼の

つたないながらも、本当に素直に一生懸命な演技に涙が出ました。
[PR]

by seawolf_squall | 2006-02-26 22:03 | プロジェクター鑑賞
2006年 02月 26日
ドラゴンハート
ドラゴンハート
/ ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン
スコア選択: ★★★

6.8点

こちらも980円シリーズです。(笑)

昔話風なストーリーながらメリハリのある、

とても大切なことを無理なく愚息にも教えてくれる

映画でした。
[PR]

by seawolf_squall | 2006-02-26 22:02 | プロジェクター鑑賞
2006年 02月 26日
ハムナプトラⅡ
ハムナプトラ2 黄金のピラミッド 
/ ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン
スコア選択: ★★★

7.0点

これも980円(笑)

前回に比べて更にパワーアップしているのが解ります。

より白熱して観られます。
[PR]

by seawolf_squall | 2006-02-26 22:02 | プロジェクター鑑賞
2006年 02月 26日
ハムナプトラ
ハムナプトラ 失われた砂漠の都
/ ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン
スコア選択: ★★★

6.8点

何故今頃?と思いますでしょうが、実は980円で販売していたのを

女房が買ったものです。

何回見ても結構面白いですね。

ストーリーにもスピード感があって結構ドキドキしてる間に

最後までいってしまいます。


[PR]

by seawolf_squall | 2006-02-26 21:58 | プロジェクター鑑賞
2006年 01月 09日
海猿
海猿 スタンダード・エディション
/ ポニーキャニオン
スコア選択: ★★★★

7.5点

若者の挫折や悩みなどを清清しく描いている。

ちょっと昔の「愛と青春の旅立ち」の日本版といったところ。

若い俳優達が一生懸命演技に取り組んでいる様が好印象。

それを引き締める藤達也など、脇を固める役者も映画人でしっかり映画になっている。
[PR]

by seawolf_squall | 2006-01-09 22:06 | プロジェクター鑑賞
2006年 01月 09日
宇宙戦争
宇宙戦争
/ パラマウント・ホーム・エンタテインメント・ジャパン
スコア選択: ★★★

6.1点

着眼点は良くて構想で訴えたかったのはきっと本当のパニックに

遭った人の心理描写や行動なのだろうと思う。

そこは確かに良く描いてあったのだが、キャラクターデザインとか

クリーチャーが全く駄目。こういうのは日本に依頼した方が

良かったのではと思ってしまう。

脚本だけ読んだほうがずっと評価は高いだろう。
[PR]

by seawolf_squall | 2006-01-09 21:06 | プロジェクター鑑賞