カテゴリ:戯言( 16 )

2016年 03月 24日
義父
お久しぶりです。シャチです。

ひさしぶりなのに暗い話題です。

義父の痴呆が進んでいます。
体重も今は35Kg程。
背が低いとはいえ、20Kg以上は痩せたでしょうか。
今では自分で排尿もできません。
いわゆる腎不全。
排尿の為の管を通してますが、いつも分からないので自分で抜いてしまい、嫌がる医者に連れて行ってはまた管を入れてもらうの繰り返し。
もう骨と皮だけなのに、どこにこんな力があるのだろうと思うくらい、抵抗します。
押さえつけている自分を思うと悲しくなります。
介護の理想とは大きく違う現実。
中々難しいですね。

[PR]

by seawolf_squall | 2016-03-24 20:46 | 戯言
2014年 05月 20日
どんな安定を求めているのだろうか…

将来を危惧してしまいます


青森市職員合格者の半数超が辞退…魅力感じず?他の自治体に流出
[PR]

by seawolf_squall | 2014-05-20 23:42 | 戯言
2014年 03月 02日
丸3年で変わったこと

シャチです。
もうすぐ震災から丸3年が経過します。

あれから何が変わったのか。
正直、僕は忘れる方向にしか変わっていって無い気がします。
それじゃあいけないのは分かっているのですが。。。

僕の周囲にあの時の恐ろしさや、混乱を思い出させるものは何一つ残っていません。



f0009086_21254482.jpg


f0009086_2126585.png



協力になるのかどうかも分かりませんが、
忘れないために、思い出そうとするために。
こんな楽しいライブで申し訳ありませんが、何かを掴みたい。

観に行ってこようと思います。
[PR]

by seawolf_squall | 2014-03-02 21:28 | 戯言
2011年 09月 24日
プチ一人旅気分で
今日はいつも使っている東京駅に。
青森からのブログ友と横浜で、
野球のデーゲームを見る為に、
1人で休みの日に来た。
東海道線の出発を待つ間、
ちょっと一人旅のような気分になって来て、
1人でちょっと盛り上がって来たところ。
試合の後は中華街で少しだけ飲んで、
久しぶりの再開に近況を話して、
盛り上がりたい…
[PR]

by seawolf_squall | 2011-09-24 10:43 | 戯言
2009年 12月 21日
エコポイントってそういう事だったのか。。。

昨日、実家の実母に液晶テレビを買って持って行ってやった。
歳をとると、テレビと接する時間が長くなるようだ。
ましてや、普段は一人暮らし。
夜はテレビを相手に寝るまでの時間を過ごしている。

持って言ったのは、福山雅治がCMに出演しているメーカーのもの。
大型電気店の売り場で比較したときに、一番映りが派手でコントラストが強かったものだ。
少々目の弱っている母親にもはっきり見えるのでないだろうか。

それにしても母親には、「年末までに液晶テレビを買って持ってくるから、
アンテナだけは地デジ用に換えておくように」と言っておいたのだが、
何の事やら理解していなかったらしい。
繋いでみたが、今のところ画面右上に「アナログ」と出続けている。
今のところ買ってやった液晶テレビはその実力を発揮できていないのだ。
この調子では、どうやらアンテナの工事も私がしなければならなそうだ。

それにしても旧型テレビ(シャープ製の29インチ)は重いのなんの。
どかしてしばらくは実家の倉庫で眠らせようと10m弱運んだが、
50Kg以上ある持ち辛い形のブラウン管だったので
今年骨折した左の手首をまた痛めてしまった。
それと比べて新しい液晶テレビは頼りないくらい軽い。
軽いと私の世代ではそれだけで「すぐ壊れてしまうのではないか」とつい思ってしまう。

実家を後にする際、母親から「これだけじゃ、DVDは観れないんでしょ?」と聞かれた。
はいはい、近いうちにDVDプレイヤーも買って持ってきますよ。アンテナと一緒にね。

家に帰るなり買ったテレビについてきた噂の「エコポイント」について調べてみた。
一言で言うとよくある、「結婚式の引き出物で貰うカタログショッピングの冊子みたいなもの」
というのが私の感想だ。
調べてみると私の生活環境ではJCBの商品券が一番使い勝手が良さそうだ。
申請してからどの程度で来るのか。。。
きっと忘れた頃に送られてくるんだろう。期待しないことだ。
とりあえずは商品券で申請してみることにする。

今日は今日で私が加入している保険の一つが満期になったらしく、
予想外のお金が入ってくるらしい。
今年は手首の骨折のときもそうだが、保険に助けられている年のようだ。
5年ほど前から比べれば半分に目減りしたボーナスの補填以上の保険還付。
期待しないで忘れてしまえば、こういうときには幸せも倍増するものだ。

忘れっぽいのも悪くない。



何の脈絡も無いが、これは最近私が凝っているパワーストーン。
今は一粒ずつバラで買って自分で組んで作る。
浄化というのだが塩で清めてから身につけるようにしている。
f0009086_21483335.jpg

[PR]

by seawolf_squall | 2009-12-21 21:42 | 戯言
2009年 03月 06日
reset-2

別に良い子ぶっているんじゃなくて

今、この身体や心に感謝できると

目の前にあるいさかいや悩みなんて

「大した事じゃないんじゃないか?」って思えてくる。



まわりの景色だってしっとりとした光を帯びて

輝いて見えてくるから。



明日のことを考えてこれから眠る為にせわしなくなるより

もっと近い、眠るまでの時間を豊かにしてみたくなる。



明日みんなが無事に起きれる確証なんて誰にも断言できないんだから。



良い子ぶっている訳じゃないんだ。

きっと熱にうかされて考えただけの、

でもこれはきっと色んな事全ての核心なんだよ。


f0009086_22441746.jpg

[PR]

by seawolf_squall | 2009-03-06 22:24 | 戯言
2008年 12月 13日
拘りについて
カメラの事である。
興味のある方にしか役に立たない情報でもあるが、
以前、マクロ的な撮り方が自分の殆どだという話を
コメントでしたと思う。
その具体的なところを実際に見てもらうために
掃除の合間に撮ってみた。

カメラを撮る人にもそれぞれ拘る部分が違う。
被写体も違えば、写真に籠めるものもそれぞれ違う。
「マクロ的な」と書いたのは、完全なマクロ撮影をするのとも違うからだ。
マクロで撮影と言い切ってしまうと、周囲の状況説明が出来ない写真
(それ程周囲をボカしてしまう)写真がメインと思われてしまう。
そこは自分では違うと思っているので、あえて「マクロ的な」
という曖昧な表現を使っている。

レンズの味の一つである「ボケ味」というものがある。
良いレンズには「とろけるようなボケ味」という表現が良く使われる。
このボケ味が一つの「綺麗な写真」と感じる部分でもあるし、
このボケ味の為だけに20万円もの価格差のあるレンズを買う
ハイアマチュアなんて、ゴロゴロいるのだ。

ボケ味は一般的にレンズの明るさで決まる。
言葉の表現であえてそう書いてしまうが厳密には違う。
だが、説明が長くなるので「明るいレンズ」がボケ味を産むと理解してもらっても
間違いではないと思う。
では、明るいレンズとは数値的にどこを見れば良いのか?
これはf値と呼ばれるところで、レンズに必ず書いてあるもの。
例えば
*28-75mm 1:2.8とか、
*3.5-5.6/18-70というような表記だ。
小数点以下がついているのがf値の数値で、この数値が小さい程明るい。

1:2.8というような表記があれば、f値2.8が開放と言って
一番明るくした状態。更に上段の*の場合、整数の数値が28-75mmだから
28mmから75mmまでのズームレンズで尚且つ全域2.8のf値が使えますよ。
と理解してもらって良い。

一方、二番目の*のように、3.5-5.6と幅を持たせてf値が書いてある場合、
(これはズームレンズの場合になる)
全域で一番明るい開放f3.5が使える訳ではなく、ズーム側(拡大する方向)
に行けば行くほど暗いf値しか選べませんよという意味だ。

今回、手持ちの3本のレンズで同じサイズで同じ場所から撮ってみる。
サイズは50mm、(フルサイズでは75mm)
カメラと同時に購入したWズームレンズの
SONY18-70/f3.5-5.6(これが一番ダメな筈)
現在メインで使っている、
タムロン28-75/f2.8
そしてある意味究極の単焦点レンズ
MINOLTA50/f1.4
以上の3本を50mmという同じサイズで撮影してみる。

条件は背後にツリー、その手前1m位の位置にグローブを椅子の上に置き、
さこから約1m弱離れたところから三脚とレリーズを使用して撮影した。
写真は一切修正せず、画像サイズだけをBLOG用に修正したものを使用する。

More
[PR]

by seawolf_squall | 2008-12-13 16:22 | 戯言
2008年 12月 06日
雑感
カメラについて、少しだけ分かったような気がする。
自分で忘れない為にも書いておくことにする。

私は普段、TAMRONAF28-75mmF2.8XR Di/A09というレンズ
を使っている。
カメラは未だにα-100だが、買ったときはWズームレンズキットにしたので
広角域の16mm~望遠の300mmまではカバーされている。
これをフルサイズに換算すると、実に24mm~450mmまでをカバーしている事になる。

だが、いかんせん、所詮はキットレンズ。
暗いのと描写力にやや不満があって、このレンズが安い割には
比較的評判が良かったので、買って使っている。

以前、フィルム時代からミノルタのカメラを使っていたので、
その他にもいくらかレンズ資産があった事もソニー製デジ1を買った理由の一つだ。
その中には50mmF1.4や20mmF2.8がある。
50mmF1.4は今でも勿論使う。
F値1.4というのは非常に貴重で、夜間の撮影や室内、店内の撮影には
事欠かない。明るいレンズだ。
今回も夜間の撮影なので、フラッシュを使わない私はこのF1.4の1本で
あれこれと手持ちで撮ってきた。
ところが、これが今となっては焦点深度の浅さなど、
どうにもカンがつかめないまま引き上げるはめになってしまった。
人が多いというのも理由にはあったのだが。。。

実はこの先α-900を購入しようとはぼんやりとだが考えている。
そうなるとどうしても望遠側が不足してしまうので、レンズの事も
考え直さなければならなそうだ。
他にもキャノンやニコンもフルサイズ機については少し予備知識を入れて
店頭などで触っては来てみた。
だが、どうもしっくりこない。
キャノンは車で言えばトヨタみたいなものだと思っている。
ソツがないだけで、無個性な写真を平均点を守りつつ
叩出してくれるだけのような気がしてどうにも味気ない。
ニコンはそれなりに個性もあるのだが、その個性が私とは
反対の方向にベクトルを持っているようで、性格の不一致のようだ。
ソニーはミノルタの思想を行儀良く継承している。
その為、写真も思いっきり外した写真もあってガッカリするかと思えば、
思いもかけず素晴らしい出来のものがあったりと、
まるでシャッターを押す度に宝くじを買っているような気分になる。
私にとって写真はあくまで個人的な趣味の世界なのだから、
こんな風に博打を打つような写真の撮り方の方がスリリングで好きなのだと思う。
それとα-900に限って言えば、ファインダーの視野率や映りの良さは、
そろそろ目が弱ってきた私が生意気にもMFを使う場合にも
助かる材料の要因でもある。

私は写真には光と影、物語、この二点を写し込む事をテーマにしている。
だから遠景でも風景は苦手だし、あまり興味も無い。
どうしてもマクロ的な撮り方や中望遠が主体になってくる。
動的な被写体だったり、静的な被写体だったり、その場に応じて
被写体の選択幅は広いのだが、テーマは変わることが無く、
その良し悪しで私が選ぶ写真は決まってきてしまう。
偉そうに書いてきたが、TAMRONAF28-75mmF2.8XR Di/A09にも
やっと最近慣れてきたのだと、50mmF1.4を久しぶりに使う事によって
再認識させられたのだ。
逆に未だに50mmF1.4は使いこなせていない事にも気付いたのだが。。。



近所の公園で毎年行われるX'masイルミネーションにて
MINOLTA50mmF1.4+α100
f0009086_22221371.jpg

[PR]

by seawolf_squall | 2008-12-06 22:24 | 戯言
2006年 02月 03日
インフルエンザは気合で治らない
f0009086_1915658.jpg


別に妊娠したわけではない。
これで「お子さんA型ですねー」などというものではない。
インフルエンザの試験の結果だ。
しっかりA型インフルエンザにかかってしまった。
1/10から休み無く働き、その途中には完徹もあり、自分の担当している
仕事も一段落した頃、やっと取れた2/2からの4連休。

悲劇は2/1の夜から始まった。
明日から休みであれもこれもやらなきゃならない楽しいことが目白押しで
そんな事を考えながら床についたのだが、
どうもトイレが近い。そのうちに段々熱っぽくなってきた。
翌朝、計ると37.8度。これは単なる風邪だろうとたかをくくっていた。
その日の晩、(2/2)こんなものは気合で直すんじゃい!と
風呂に腰湯で約1時間つかり、どっぷり汗をかくと36.7度まで下がった。
「ほうら風邪なんてこんなもんさ」と床に就くがまたしてもあがっている気配。
しかも半端じゃなく寒い。

まったく眠れないまま、翌朝また熱い風呂に入るがまったく汗をかかない。
上がって熱をはかると39.3度。これはひょうっとしてインフル君?
仕方が無く今日医者に行くとばっちりA型でした。
タミフルを貰いはしたものの、「もう遅いかも」と薬剤師に言われ、
使ってみたが、まったく効果ないまま、夕方には39.3度の熱を押して
アルファードの試乗に。。。
もう来週中には決めないと、車検が切れてしまう。
江戸っ子の威勢の良さもインフルエンザの前には屁のツッパリにもなりませんでした。

それでも私の偉いところは食欲が全く落ちないこと。
味は熱のせいで解らないが、腹は減るのだ。

これが「野獣並み」の回復力と昨年看護婦さん等に言われた所以かもしれない。
[PR]

by seawolf_squall | 2006-02-03 19:15 | 戯言
2006年 01月 19日
あわてない あわてない
あわてない あわてない

ひとやすみ ひとやすみ

いそがしいときはむりしない

やさしくなれたら もどっておいで
[PR]

by seawolf_squall | 2006-01-19 00:11 | 戯言