カテゴリ:自転車関連( 66 )

2015年 02月 19日
ロードバイク タイヤインプレッション ブリジストンR1X

こん○○は。シャチです。


ここ数日、体調がすぐれない。
またしても風邪をひいたようだ。
食欲が無く、腹の調子が悪い。
ここ数年はこのパターンの風邪をひくことが多くなっている。

今日は代休。
今朝も腹の具合が悪くなって朝方5:00頃に目が覚める。
女房がパートに出ていってから、どうしようか悩む。
微熱も相変わらずで37度を少し超えるくらい。
ただ、外は昨日までと違って明るく暖かそうに見える。

タイヤを新しくしてからまだ一度も試していない。
ちなみにタイヤを替えてから既に2週間程経っている。
ぐずぐずしつつも着替えて走る用意をする。

f0009086_1481982.jpg


実は元々昨年末に手に入れたバイク(CANYON ULTIMATE CF SLX)にはマビックのキシリウムSLRという
軽量アルミクリンチャーのホイールが付いていた。
このマビックのホイールにはWTS(ホイール・タイヤ・システムだったかな?)
という概念があって、メーカーがベストな組み合わせだという
やはりマビックのタイヤ(イクシオンプロ25C)がセットになっていた。
が、これが僕の感覚にはどうしても合わなかった。
まるで水を張った田んぼの中を歩くかのように
柔らかく脚にまとわり付く重さがあった。
僕は実はそんなにスキルがあるほうでは無い。
なのでこれが僕の脚に合わないホイールのせいなのか、はたまたフレームのせいかも知れない。
原因が良く分からなければ、まずはコストのかからないところから変えてみる。
そこは自分の中での決まりごとの一つとしてどんな場面でもこのアルゴリズムを崩す事は無い。
とはいえ、少しヒントもあった事は確か。
何処かの雑誌でホイールをインプレッションしていたライターがこのホイールについてくる25Cタイヤは
レースレベルではない。と言っていたのを読んで、僕と同じ感想なのじゃないか?
という感触は持っていた。

f0009086_1495635.jpg


履かせたタイヤはブリジストンのR1Xの23C
昨年末にモデルチェンジをしたタイヤで興味があった。
興味の元は世界に誇る国内メーカーのブリジストン製な事。
(製造は国産ではないだろうけど)
このタイヤメーカーがロードバイクのタイヤの為に
今後本気で開発を行ったら。。。
その開発力に期待をして、まずは手始めにこのタイヤを使ってみたかった。
タイヤの情報を数値で表すと、重量は180g、耐パンク性能もあり、
比較的高圧にも入れられる(130PSIまで)
ちなみに推奨は65Kgの体重で750-800KPAと箱には書いてあった。
ブリジストンはこの他にグリップ力を重視した、R1Gと
超軽量な145gのヒルクライムに特化したタイヤ、R1Sの三種類がある。
ちなみにR1Xは総合力で優れているバランスの良いタイヤという事らしい。

f0009086_14104587.jpg


タイヤを履かせるホイールはいつものマビックキシリウムSLR。
バイクは(これもいつもの)CANYON ULTIMATE CF SLXだ。
エアボリュームはいつもと同じ位の7.2bar
ちなみに僕の体重は67Kgを少し下回る位。

バイクを押してマンションから出る。
身体が若干重く感じるのは仕方が無い。
ガーミンをセットして走り出す。
数十メートルも走ると口元がにやけて止まらなくなる。
「これだよ!コレ!」
そんな気持ちが胸の中で膨らんでくる。
誰でもタイヤというより自転車に対して理想の乗り味ってあると思う。
でもそれは相反するものが同居していて中々現実で考えると無理だよな。
となってしまう。
タイヤやホイールについてもそうなのだが、軽い、反応性が良い、乗り心地が良い
これは誰もが思う理想なんじゃないだろうか。
僕もそう思っている。でも、乗り心地の良いタイヤは柔らかく、その分反応が鈍く感じるし、
逆に反応が良く、軽さを求めると、硬い乗り心地をある程度覚悟する必要がある。

ところがだ。このタイヤは僕が今まで使ってきたタイヤのどれとも違った。
これを文字で表現するのは非常に難しいのだが、
「タイヤが良くなったと感じない」タイヤなのだ。
良くなったと感じるのは路面の方。
まるでいつもの道路が鏡のようになった感触がもっとも近い。
それもアスファルトの路面を走っているというよりは、コンクリートの
側溝が一切の段差を無くし、鏡のようになったような感触。
軽くて静かな水面を走るがごとく、それでいて反応も良い。
反応の良いだけなら僕の持っているTufoのチューブラーも反応は優れていると思う。
ただ、Tufoの場合、踏んだときに「カンッ」と音が出るんじゃないか?と思うほどの
かっちりした引っ掛かりと共にすぐさま反応するのに対し、このR1Xは「フワッ」というか、
「フッ」というくらいの感覚で反応する。
本当に活字にするのは難しいのだが、自分とバイクがまるで操り人形になったかのように、
接地はしているのだが、ほんの少しだけ巨人に見えない糸で持ち上げられているような感覚がある。

僕のひいき目な感覚で申し訳ないのだが、フロントも軽くなったような印象で少しクイックになったような感じもある。
今まで「こんなタイヤあったら良いけど、まさかあるわけないよな」と思っていた理想に
10%でも確実に何かを犠牲にするのではなく、すべてを近付けてくれるタイヤのような気がした。
15Kmも走ると夢のような感覚から自分の手の中に感覚が収まってくる。
それでも相変わらず軽く、反応も良い。タイヤのソリッド感とかエアボリューム感とかではなく、
重力が幾分減ったようなヘラヘラと笑ってしまうような感覚は相変わらず手の中でも感じる事が出来た。
ただ、歩道との3cm程あるような段差ではあやうくハンドルから手が弾かれるような大きな衝撃があった。
それと今までがダルなハンドリングだった事もあり、注意しないと思ったより切れるようになっているように感じる。
峠の下りなどでは慣れるまでは注意が必要だと思う。
ロードノイズも少ない。タイヤのノイズよりも昨日降っていた雨の残りで湿った路面から巻き上げた
小さな砂利がダウンチューブにパチパチと当たる音の方が目立つ。
ロードノイズが少ないのも利点だと今更ながら気付いた。
チェーンや駆動部からのちょっとした異音にも気付き易くなり、トラブルを未然に防ぐ事にも繋がりそうだ。

f0009086_14115581.jpg


まだ峠で乗っていないし、長距離も乗っていない。
でも今のところ誰が乗っても文句の出ない(あくまで僕のようなビギナーレベルでの話だけれど)
素晴らしいタイヤだと思う。
しばらくはこれを使い倒してみようかと思う一方、
R1Sという超軽量タイヤも買っておこうかと考え始めている。
[PR]

by seawolf_squall | 2015-02-19 14:12 | 自転車関連
2014年 12月 23日
CANYON Ultimate CF SLXの走らせ方を考える。
CANYONのUltimate CF SLX 8.0Di2 がドイツより我が家に来ておよそ3週間。
ろくに休みも取れないまま、走行距離はおよそ200km orz

こんにちは。シャチです。

その分、自宅のある足立区から現場の東京都庁まで片道20Kmを天気次第だが、クロスバイクで通勤。
こちらは当然ながら距離が伸びる。


今日も多々用事があって、朝の2時間。40Km程しか乗れなかった。
実は悩んでいる。このUltimate CF SLX 8.0Di2(我が家での呼び方はキャニに決まりつつある)はフレームだけなら
トッププロが使用しているものと同じ。まさにF1の骨格をもつ車を買ったのと同じなのだ。
その分、コミコミで50諭吉を軽くオーバーする自転車なのでもう間違いないはず。
なのに、僕が乗ると1号機のBOTTECCHIA(ボッテキア=我が家では通称ハチロー)というイタリアのじゃじゃ馬娘に比べて
随分ともっさりした印象になる。
まぁ、最近は仕事が忙しく、ローラーも1ヶ月は乗っていないから、こちらの問題も
多々あるのかと思うのだが。

そこで、このキャニ嬢の色々を計測してみることにした。


現在のキャニオンはこの写真のような仕様にしている。
f0009086_11263882.jpg

バーテープを白に変えたのと、サドルをサンマルコのアスピデに交換した以外では
オプションで購入したVCLS Post 2.0という独特の形をしたシートポストだけだ。

走った感触として、踏んだときにグニュっという感触がある。
おそらくタイヤの要因が大きいと思うが、このホイール、MAVICのキシリウムエリートSLRには
MAVIC社が最適としたタイヤがついてくるのだが、これが25Cと通常の23Cより少し太い。
タイヤのゴムも柔らかく厚いような感触がある。
乗るとそのタイヤのおかげでラグジュアリーな乗り心地を体現できるが
逆に反応性が僕にとって気持ちよくないのである。
ラグジュアリーだと思うのは細かい振動がよく抑えられて(というか伝わり方が鈍くなって)
柔らかな印象があるから。でも鈍いと言い換える事も出来る。

ダンシングでトルクをかけると、ウイップをする感覚がある。
これによってダンシングでの加速感はハチローよりも長続きするようだ。
坂はまだ登っていない。のでまた後程印象を機会があったら書こうと思う。

さて、このような感触で僕にとって少々もっさりした印象のキャニ嬢だが、
それは何処に原因があるのだろうか。
念のため書いておくが、MAVICのホイールセットという事で玉あたり調整は
ホイールを装着した状態で行っている。
今回は重量を計ってみる事にする。

まず、僕の着衣体重を計る。
f0009086_1233462.jpg

自転車のおかげで随分と痩せた。まぁそれはさておき、

CANYON+MAVICキシリウムSLRセット
サドル:サンマルコ アスピデ
ペダル:SPEED-PLAY ZERO クロモリシャフト
ボトルケージ:CANYONオリジナル×2
シートポスト:VCLS Post 2.0(カーボン)
f0009086_1282084.jpg

7.3Kg


BOTTECCHIA 8AVIO+MAVICキシリウムSLRセット
サドル:プロロゴ0ディグリーズナックカーボン
ペダル:SPEED-PLAY ZERO クロモリシャフト
ボトルケージ:エリート×2
シートポスト:TIOGAのカーボンシートポスト
f0009086_1212057.jpg

7.7Kg


そして決戦用仕様
BOTTECCHIA 8AVIO+Pro-Liteブラッチャーノカーボンホイール+
Tufoカーボンコンポジットチューブラータイヤ
サドル:プロロゴ0ディグリーズナックカーボン
ペダル:SPEED-PLAY ZERO クロモリシャフト
ボトルケージ:エリート×2
シートポスト:TIOGAのカーボンシートポスト
f0009086_12151487.jpg

7.5Kg



画像撮影上、自転車の画像を入れたかったのだが、撮影しながらではブレてしまうので、
メモリされた表示部分だけを後で撮影している事をお断りしておく。

次にホイールにスプロケを装着した状態での重量計測を行った。

MAVICキシリウムSLRセット(タイヤYKSION25C)
スプロケ:シマノアルテグラCS6800 11-28
f0009086_12182130.jpg

2.4Kg


Pro-Liteブラッチャーノカーボンホイール+Tufoカーボンコンポジットチューブラータイヤ
スプロケ:カンパアテナ 12-27
f0009086_12193240.jpg

2.2Kg


フルクラムレーシング5+ミシュランPRO4
スプロケ:カンパアテナ11-25
f0009086_12205758.jpg

2.8Kg


次にシートポスト、サドルの重量を計ってみる。

CANYON VCLS Post 2.0(カーボン25/13mmseatback)
f0009086_12244887.jpg


僕の持っているおそらく最軽量シートポスト
KCNC スカンジウム合金 自分でカット済み
f0009086_1228967.jpg


CANYONについてきたフィジークアンタレス
f0009086_1229486.jpg


サンマルコ アスピデ
f0009086_12292823.jpg


以上のような結果となった。
さて、僕の感じるもっさりな問題は何処に潜んでいるのか。

今は回答が出せない状態だと思う。
次回はホイール交換をして試してみたい。
[PR]

by seawolf_squall | 2014-12-23 12:29 | 自転車関連
2014年 12月 16日
2台目買いました!
お久しぶりです。
シャチです。

f0009086_12255433.jpg



遂に念願の2台目のバイクがはるばるドイツより手元に来ました。
ドイツとの事前のやりとりに2ヶ月を費やし、粘ってやっと自分のポジションが出る事がハッキリし、購入。CANYONというメーカーのUltimate CF SLXという品種。
シフトはシマノのアルテグラの電動です。
自分の走りの記録がもう遅い言い訳がバイクのせいに出来なくなりましたね。
何せ、ツール・ド・フランスでUCIのトップチームの2チームが供給を受けているのと
まるっきり同じフレームですから。わかりやすく言えば、
エンジンを一般公道用にグレードダウンしたF1カーを買ったようなものです。(^^;;
既にシーズンオフではありますが、この時期に沢山乗って慣れておこうと思います。

他にも沢山のブログネタがあるのですが、多忙のため、おいおい書いていきます。(^^)



f0009086_10401908.jpg
f0009086_10404345.jpg
f0009086_10411068.jpg
f0009086_10413899.jpg
f0009086_10420355.jpg

[PR]

by seawolf_squall | 2014-12-16 12:18 | 自転車関連
2014年 11月 23日
憧れの選手と
シャチです。
自転車のレースには様々なものがあります。
日本の方でしたら、一番身近なのは「競輪」じゃないでしょうか?
あれは自転車レースでは「トラック競技」というカテゴリになると思います。
その他にもMTBやシクロクロス、タイムトライアルというのもありますね。

中でも世界で一番有名なのが、「ツール・ド・フランス」で有名な
ロードレースです。
一番有名な三大ロードレースは前述の初夏にフランスで行われる、「ツール・ド・フランス」、
春先にイタリアで行われる「ジロ・デ・イタリア」、秋にスペインで行われる、
「ブエルタ・ア・エスパーニャ」の3つが代表的であり、尤も長期間で、
尤も過酷なレースですが、尤も盛り上がり、選手が獲得できるポイントも大きいレースです。
三大レースはどれも3週間、一日の平均走行距離は180Km位あります。
天候はタイヤが溶け出すほどの高温から
スリッピーで落車が続出する雨、
酷いときには雪の山岳を走ることもあります。

そんなレースにはUCIという国際自転車競技連盟が認めた
トップカテゴリのチームが世界中から二十数チームのみ選ばれます。
その中に僕の好きなチーム「カチューシャ」があります。
カチューシャはロシア国内に籍を置くチームですが、
エースや準エースはイタリアやスペインの選手達なのです。
このカチューシャの中のエースである、ホアキン・ロドリゲスが
日本にやってくるという噂を聞きつけました。
ホアキンは俗に言う「クライマー」「パンチャー」と呼ばれるタイプの選手で
登りに強く、皆が苦しい登りでアタックをかけられるという
とんでもない脚力の持ち主。


日本でもUCIが認める自転車のレースはありますが、レースの品格はずっと下で
ホアキンのような一流選手が出場するのは、試合としては魅力の無いものになってしまいます。
何故なら、勝っても貰えるポイントが少ないからなのです。
それでも来るというのならきっとそれはジャパンマネーのせいでしょうね。
現実としてさいたま新都心で昨年より行われている「ツール・ド・フランス・さいたまクリテリウム」
は、選手にポイントがつくものではありません。
いわば興行レースです。
それでも選手が来るのは、大きなお金が動いているからなのです。

その為、ホアキンに会うことは海外に行かない限りほぼ無理だと思っていました。

そこへ来日のニュース。
なんでも彼が所属するカチューシャに自転車を供給している「CANYON」という
自転車メーカーのカスタマーセンターが日本に出来るという事で
いわばプレゼンターとして来日するといいます。
しかも代官山で行うというので、僕は自転車で早速行って来たのです。

代官山には早めに着いて場所の確認をした後、朝食を食べようと思っていたのですが、
場所の確認に行ったところ、既に20名ほど行列が出来ていました。
係りの方に「並んだ方が良いですよ」と言われ、朝飯抜きで並びました。
開場になるころにはとんでもない人数の行列になっていました。
僕は前から30人くらいのところでしたので、ホアキンと一緒に写真を撮り、
カチューシャのレプリカジャージにサインを貰い、
先日の日光のサイクルイベントで買ってきた「勝ち守り」を手渡す事が出来ました。
今年はホアキンは落車と怪我で思うような成績も取れませんでしたから。
そこでこのお守りの説明をつたない英語でしたのですが、彼、
英語も殆ど出来ないみたいで、僕の英語を隣に座っていた通訳の方が
スペイン語に訳していました。(^^;;

そしてこの日の2日前にこの会場を開いた自転車メーカーである、
ドイツのCANYONを僕はオーダーしていたのです。
ですので、オーダーしたものと同じバイクを実際に見て触れることも出来て
二重に有意義な時間を過ごす事が出来ました。
ホアキンは非常に真面目で礼儀正しい日本人のような人でした。
実際に会ってまたファンになりました。



f0009086_1348253.jpg

[PR]

by seawolf_squall | 2014-11-23 13:46 | 自転車関連
2014年 10月 25日
ツール・ド・フランス さいたまクリテリウムに行って来ました!
こんにちは。シャチです。
なんだかんだで秋は自転車のイベントが
目白押しです。
最適な気候ですからね。

さて、今日は日本で唯一ツール・ド・フランスの名前が付いたイベント、
「ツール・ド・フランス さいたまクリテリウム」に行って来ました。
これもチームのみんなとです。
ところが、僕はちょっとのつもりのワインで火が付き、レースそっちのけの花見状態。何しに行ったんだか…
同じチームのKさんの情報で、
僕の大好きなチームカチューシャの
エーススプリンターの「アレクサンドロ・クリストフ」とレース前にツーショットで写してもらいました。新婚の彼にまだまだ早いけど赤ちゃん用の靴下をプレゼントして来ました!



f0009086_20354559.jpg

f0009086_20354643.jpg

[PR]

by seawolf_squall | 2014-10-25 20:29 | 自転車関連
2014年 10月 11日
ジャパンカップ宇都宮にて
こんにちは。シャチです。
今年もジャパンカップ宇都宮で
レース前に行われた、
オープニングフリーランに出場して来ました。
今年はチームメンバーと一緒です。

これは世界トップレベルの選手達と一緒に一周14Kmあまりの本番で使うコースを一周だけ走れるものです。
間近で一流選手の走りを見たり、並んで走りながら話しかけることも出来ます。
素晴らしい!
買って3ヶ月のヘルメットがサインだらけに。(^^;;
勿体無くて被れなくなりそうです。
このヘルメットの後継機種は3.6諭吉…(´Д` )
また買うのかぁ…
日本で1番有名で現在フランスの「ユーロップカー」で活躍している日本人、「新城幸也(アラシロユキヤ)」選手とのツーショットも頂きました。来た甲斐がありました〜。(^^)

f0009086_2027335.jpg

ダニエル・マーティンからサイン貰いました。


f0009086_2027395.jpg

日本で一番有名なロードレーサー、「新城幸也」選手と。
[PR]

by seawolf_squall | 2014-10-11 20:19 | 自転車関連
2014年 08月 17日
初めてのヤビツ峠

シャチです。


f0009086_14244874.jpg




昨日、神奈川県の端っこにある、サイクリストの聖地「ヤビツ峠」に初めて登ってきました。

f0009086_14262931.jpg



仲間と一緒に登った後、ヤビツの近くに住む仲間の家でBBQ。
全国各地に散らばる仲間からの差し入れだけでお腹一杯!

暑かったけど、仲間と楽しい話をして過ごす時間はあっという間でした。
帰りは物凄い渋滞の中、眠気と闘いながら一人帰りましたとさ。
[PR]

by seawolf_squall | 2014-08-17 14:23 | 自転車関連
2014年 07月 28日
2回目の奥多摩ヒルクライム。。。成績は。。。
シャチです。

昨日は昨年に引き続き2回目の「Wiggle東京奥多摩ヒルクライム」に参加してきました。
レース前に試走もしていましたし、今回は富士ヒルクライムの時とは違い、コンディションもまずまずです。

f0009086_1401782.jpg



でも、登っている時の表情は苦しそうですね。(笑)
ホイールも軽量カーボン、体調もまずまず、走った感覚ではケイデンスも70以上をキープ、
最後には他選手2人と3人で200m程のスプリントを制して40Kmでゴールを走り抜け、
凄く達成感があったのですが、なんと昨年と全く変わらないタイム。。。orz
何がいけなかったんだろう。。。

最近感じるのが、暑さに弱くなったという事。若い時は寒さに弱かったのですが、
自転車で外を走っている時も真冬の方が真夏よりも全然楽に感じるようになってきました。
トレーニング方法を少し見直してみる事にしましょうか。。。
[PR]

by seawolf_squall | 2014-07-28 21:58 | 自転車関連
2014年 07月 06日
チームでレース参加も面白い!

シャチです。

7/5に千葉で行われた、「袖ヶ浦サマーサイクルフェスタ」に参加してきました。
参加したのは「2時間チームエンデューロ」です。
3人のチームでの参加でした。



f0009086_13512712.jpg


エンデューロレース(耐久レース)はチームで参加の場合、メンバーの誰か1人が
コース上で走っていればOKというのがおおまかなルールで
選手交代は何度でもOKです。

当日は天候が悪く、コースとなった「袖ヶ浦フォレストレースウェイ」は
一部川のようになったところもある超ウェット状態で、参加しようかどうしようかと
直前までチームのメンバーと迷いましたが参戦しました。
それにしても3人で2時間はあっという間ですね。

レース中に天候が大きく崩れる事もなく、無事楽しくレースを終わる事が出来ました。
順位は13位。まぁまぁですかね。。。
[PR]

by seawolf_squall | 2014-07-06 22:46 | 自転車関連
2014年 06月 08日
雨の週末



雨でもローラーは回す!
次のつくばヒルクライムに向けて始動!
でもキツイ。。。


f0009086_11455250.jpg

[PR]

by seawolf_squall | 2014-06-08 11:46 | 自転車関連