2016年 05月 11日
義父の永眠
シャチです。

義父が永眠しました。4/17の日曜日の事でした。



f0009086_16405970.jpg



4/16の土曜日の夜に救急車で運ばれてから1度は
意識も回復しましたが、最後は大往生だったといって良かったと思います。

葬儀を身内だけで19日に済ませ、今は除籍などの事務的な作業を
一つずつ片づけているところです。

義父の言動がおかしくなったのは5年位前からでしょうか?
僕が最初に気付いたのは目つきですかね?
それから入れ歯を出してしまう仕草におかしいな?と感じ、
墓参りでの奇妙な行動など、日増しにおかしな行動をとるようになってきました。
でも、認定を判断する介護士が来ると途端にしっかりするんですね。
で、介護認定が中々おりませんでした。
介護2級まで行ったのはつい最近の事でした。
今年に入ってからは腎不全にもなっていて、管で排尿するのですが、
その管が何で自分の体から生えているのか?これが分からず医師もびっくりする事に
自分で管を抜いてしまう事も数回ありました。

義父は規則性やアルゴリズムのようなものがきっとあったのでしょうが、
最後までそれは私達には分かりませんでした。
いわゆる「まともな日」と「まともじゃない日」
これがその日によってジキルとハイドのように入れ替わりました。
だから、私たち介護側にとって「今日はどんなじいちゃんなのか?」
これを察知してあげることがまず最初の仕事になるのですが、
これが憂鬱な時間なのです。

それでも最後のころは体力も衰えてきたせいなのか穏やかな日が多くなり、
意識がないまま病院に救急搬送された後、意識を取り戻した際には「まともなじいちゃん」でした。
私達が最後に会話できたじいちゃんはおだやかで優しいまともなじいいちゃんだったのです。

f0009086_1653840.jpg


人の死に関わるほうが多くなってくる歳にいよいよなってきました。
女房と義理の妹は両親とも他界した事になります。
私のほうは母親のみが残っています。
人生長生きすると周りの人がどんどん減って行くもの。
これからは寄り添う事も必要だと感じています。
[PR]

by seawolf_squall | 2016-05-11 16:45 | 思考の深淵


     義父 >>