2013年 09月 02日
まずはホイールにタイヤを嵌めようか。。。Tufoのチューブラータイヤ編


シャチです。

えー、実際の時系列とは違う順序でアップして行きますが、
これは写真の編集上、揃ったものから書いているので悪しからず。m(__)m

まずはとりあえずホイールにタイヤを嵌めるところからやります。

嵌める前にタイヤ側とホイール側で個々に準備が少々あります。
タイヤ側では、前回説明しました、「バルブエクステンション」を予め装着しておきます。
ホイール側ではギアである「スプロケット」を予め装着しておこうと思います。

最初にスプロケットを後輪用ホイールに装着します。
ホイールは後輪用と前輪用があり、後輪用にはスプロケが付くように
「フリー」tいう部品が付いています。
これは自転車に乗ってペダルを漕いで止めても「チャーーー」と言いながら走りますよね?
あの部分のことです。簡単に言うとのこぎりの歯のようなものが内部にあって
その歯が逆転する時にはスルー、正転の時には歯に引っかかりタイヤ(ホイール)を回す
力が生まれるように出来ています。

僕のは前述した通り、カンパニョーロ アテナ11sのスプロケですので、
その装着の仕方になります。
まず、スプロケには白いブラスチックの止め具のようなものに全てのギアが綺麗に
付いた状態で来ます。
この白いプラスチックの止め具やフリーにはカンパのスプロケにしか合わない
凸部があります。向きも正しくないと入らないよう、この凸部の並び方は規則正しくはありません。
指で指している部分がフリーの凸部になります。

f0009086_17554057.jpg


この白いプラスチックとフリーの凸部を合わせる事で、スプロケが1度に楽に嵌められます。

f0009086_17564985.jpg

f0009086_17574639.jpg


フリーに全てのスプロケを落とし込んだら、フリーホイール用工具でキャップを締め込み、終了です。

f0009086_1803176.jpg


当然ですが、スパナで締めこみます。40Nmと指定トルクがありますが、これは相当な締め込み量です。
僕は計っていませんが、いい加減なところでやめちゃってます。(^^;;

f0009086_1805916.jpg





次にタイヤ側のバルブエクステンションの装着をします。

まずはタイヤ側のバルブを観察。

f0009086_1712759.jpg


バルブコアというネジのついた先端部分のネジ山が消えて小さなレンチがくわえ込める様に
なった部分があります。ここを丸ペン(ラジオペンチ)などでがっちり挟んで回します。
僕はこの時、そういう道具は現場に置きっぱなしでしたので、ロボグリップという
レンチを使っています。

f0009086_1752048.jpg


これでバルブコアを外す事ができました。ちなみにこのネジは正ねじですので反時計回りで外れます。

f0009086_1763945.jpg


次に買っておいた「バルブエクステンション」を外したバルブコアとタイヤ側のバルブの
間に入れ込みます。これにも平らな部分がありますのでそこをくわえてしっかり締めます。
タイヤとエクステンションは念のため同じメーカー「Tufo」のもので用意しました。

f0009086_1795374.jpg

f0009086_17102379.jpg

f0009086_17425674.jpg


僕のは結構乱暴なやり方ですので、気になる方は専用工具を使った方が良いかも知れませんね。
後は外したバルブコアをエクステンションの先に締めこんで付けて終了です。

いよいよタイヤ装着です。が、ここで問題が2つ。
このTufoのタイヤは固くて伸びなくて中々ホイールに嵌らないというのがもっぱらのユーザーの感想なのを
予めレビューで読んでいました。
そこで練習してみます。
最初、通常は2気圧弱の空気を入れてからホイールに嵌めます。
やってみるけど、全然駄目。orz
っていうか、リアのホイールはバルブを通す穴の内側にバリがあるのか、
まずバルブが引っかかって出てこない(泣)
うーん、仕方が無いので我が家にあったリューターで軽く穴を内側から研磨します。

f0009086_1727059.jpg


少し削ったら、バルブが通るようになりました。
やっとスタートラインだ(泣)

その後、タイヤ嵌めにチャレンジします。
およそ試行錯誤を1時間程繰り返し、ある「コツ」を掴みました。
それは空気をどんどんと抜いていった結果、入れる事ができました。
結局、こういった固いタイヤは空気を殆ど入れずにホイールに嵌め、
それから5気圧程度空気を入れて一晩置くのが良いのかも知れません。
僕は時間がなかったので、ホイールに嵌った時点で1度外し、
タイヤを接着するテープをソッコー貼りました。ww

f0009086_17205228.jpg


テープを貼った後は、先程練習で成功した通り、タイヤに空気を殆ど入れない
(とはいえ膨らまない程度には入れてる)
状態で嵌め、空気を2気圧弱入れた後、センター出しをしてから
テープのセロハンを剥がして接着しました。

一応この動画を参考にしました。

セロハンを抜いたら後は規定の空気圧まで空気を入れて完成です。

写真で見えますでしょうか?
バルブの部分はエクステンションの黒い部分しか出ていません。
元々あった銀色の部分は全てホイールの中に埋もれてしまっている状態です。

f0009086_1729585.jpg


次はブレーキの準備とハンドル交換です。(多分)
[PR]

by seawolf_squall | 2013-09-02 17:30 | 自転車関連


<< 3TのカーボンハンドルとBBB...      ホイール購入にあたって-2 >>