「ほっ」と。キャンペーン
2016年 05月 11日
義父の永眠
シャチです。

義父が永眠しました。4/17の日曜日の事でした。



f0009086_16405970.jpg



4/16の土曜日の夜に救急車で運ばれてから1度は
意識も回復しましたが、最後は大往生だったといって良かったと思います。

葬儀を身内だけで19日に済ませ、今は除籍などの事務的な作業を
一つずつ片づけているところです。

義父の言動がおかしくなったのは5年位前からでしょうか?
僕が最初に気付いたのは目つきですかね?
それから入れ歯を出してしまう仕草におかしいな?と感じ、
墓参りでの奇妙な行動など、日増しにおかしな行動をとるようになってきました。
でも、認定を判断する介護士が来ると途端にしっかりするんですね。
で、介護認定が中々おりませんでした。
介護2級まで行ったのはつい最近の事でした。
今年に入ってからは腎不全にもなっていて、管で排尿するのですが、
その管が何で自分の体から生えているのか?これが分からず医師もびっくりする事に
自分で管を抜いてしまう事も数回ありました。

義父は規則性やアルゴリズムのようなものがきっとあったのでしょうが、
最後までそれは私達には分かりませんでした。
いわゆる「まともな日」と「まともじゃない日」
これがその日によってジキルとハイドのように入れ替わりました。
だから、私たち介護側にとって「今日はどんなじいちゃんなのか?」
これを察知してあげることがまず最初の仕事になるのですが、
これが憂鬱な時間なのです。

それでも最後のころは体力も衰えてきたせいなのか穏やかな日が多くなり、
意識がないまま病院に救急搬送された後、意識を取り戻した際には「まともなじいちゃん」でした。
私達が最後に会話できたじいちゃんはおだやかで優しいまともなじいいちゃんだったのです。

f0009086_1653840.jpg


人の死に関わるほうが多くなってくる歳にいよいよなってきました。
女房と義理の妹は両親とも他界した事になります。
私のほうは母親のみが残っています。
人生長生きすると周りの人がどんどん減って行くもの。
これからは寄り添う事も必要だと感じています。
[PR]

# by seawolf_squall | 2016-05-11 16:45 | 思考の深淵
2016年 03月 24日
義父
お久しぶりです。シャチです。

ひさしぶりなのに暗い話題です。

義父の痴呆が進んでいます。
体重も今は35Kg程。
背が低いとはいえ、20Kg以上は痩せたでしょうか。
今では自分で排尿もできません。
いわゆる腎不全。
排尿の為の管を通してますが、いつも分からないので自分で抜いてしまい、嫌がる医者に連れて行ってはまた管を入れてもらうの繰り返し。
もう骨と皮だけなのに、どこにこんな力があるのだろうと思うくらい、抵抗します。
押さえつけている自分を思うと悲しくなります。
介護の理想とは大きく違う現実。
中々難しいですね。

[PR]

# by seawolf_squall | 2016-03-24 20:46 | 戯言
2015年 08月 10日
お友達の嬬恋別荘付近をぶらぶら…
f0009086_13262648.jpg


[PR]

# by seawolf_squall | 2015-08-10 13:25
2015年 08月 03日
暑中見舞い
お久しぶりです。シャチです。
暑中見舞い申し上げます。


先程山梨から帰宅。
滞在先の小菅村より毎朝風張峠まで朝練で登っていました。
f0009086_21453809.jpg


自転車仲間に教えてもらったうちの近所の有名なカキ氷屋さん。家族にも好評。
f0009086_21453990.jpg


日立まで200Kmを超える自走。
帰りの電車が事故で止まって散々。
f0009086_21453961.jpg


富士ヒルクライムの様子。
本人中々楽しげに登ってるようです。
f0009086_21453920.jpg


仲間と共に灼熱の荒川サイクリング。
若い奴らをぶっち切り。
でもヘロヘロ…
f0009086_21454030.jpg



[PR]

# by seawolf_squall | 2015-08-03 21:41
2015年 06月 16日
3度目のMt富士ヒルクライム
お久しぶりです。シャチです。
先日6/14に3度目のMt富士ヒルクライムに
参加してきました。
3月のエントリーから宿泊先の確保、
試走のスケジューリング、何しろ
身体の調整とトレーニングと、たくさんの準備を経てこの日に挑んでいます。
あくまでタイムにも拘って90分切りを目指して
この一年やってきました。


f0009086_12471903.jpg



そしてこの日は私が管理人を務めるチーム
「EAT2」のチームジャージ初お披露目の
日でもありました。今年初めから活動を開始して、やっとここまで来たかという感じ。
残念ながらタイムはふるわず、98分でしたが、苦しくとも4合目付近での視界が開けた瞬間、自分が自転車で雲の上まで登って来た事を確認できて毎回感動してしまいます。
タイムだけじゃない、仲間や、景色や、自分との対話と戦い。
色んなものがこの日本最大のサイクルイベントにはある気がします。
また来年に向けてこれから頑張ります!



[PR]

# by seawolf_squall | 2015-06-16 12:36 | PHOTO日記